熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ミミ日記2016-33

後一週間で今年も終わり・・・ミミと迎える年末も4度目になりました。
16b361.jpg
新鮮なフードじゃなかったり、茶碗が空だったりすると、ご飯茶碗の前でじっと座って待ち、
トイレに不満がある時はこちらをチラチラ見ながらトイレ前で待ち、
お膝(お股)が欲しい時にはソファ前で待つ。
…言葉は伝わらなくても、ミミが何を求めているのかは一目瞭然。

お世話係は出来る限りご要望に応えるようにしています。
ソファに座った私のまたぐらにすっぽりと入って寝ているミミを見ていると、
出掛けたい気持ちも段々と失せていくのが困りものですけれど(^_^;)
16b362.jpg

「何か文句でも?」
             ・・・・・・・・・・・・・・「いいえ、ございません、ミミ様」
16b363.jpg

ミミ日記2016-32

ミミが登場するのは一カ月ぶりなんですね、元気です。

手術の際に刈り取った毛も伸びて、もう手術した後さえも分からなくなりました。
光線の加減かも知れませんが、体全体に白い毛が混ざっているようにも見えます。
13歳半ですものね、白髪が増えてきたのでしょう。
夜はお父さんのお布団に潜り込んで来るものの、しばらくするとコタツに戻ってしまいます。
16b358.jpg
階段の上り下りも軽やかに、トイレハイも健在、日向ぼっこも出来てご機嫌さんです。
16b359.jpg
ミミ用コタツの上でお手入れに夢中。背景がごちゃついていますけど…(^_^;)
16b360.jpg

ミミ日記2016-31

外の鳥さん 寒くないのかニャ
16b306.jpg
毛布に入っていても寒いのニャ~
16b305.jpg

ミミ日記2016-30

熟女の眼差しのミミ
16b290.jpg
何処にいるのかと言えばソファの傍に置いたミミ用コタツの上
16b291.jpg
コタツの中から外を覗き見れるように脇に開閉出来る切り込みを入れました。
「料理もこれくらい工夫してくれると良いな~」とボソッした声が。…耳が遠くて良く聞こえません(^_^;)
16b292.jpg
床面90㎝×60㎝のコタツの中はこんな感じ、ミミが足を伸ばして寝ても十分な広さがあります。
コタツ布団の内側に薄いカーテンを掛けているので切り込みが有ってもさほど寒くないはず。
ミミはペットヒーターの温かい部分に座っている事が多いですけれどね。
これにモコモコ毛布をプラスすれば、今年の冬は乗り切れるかな?
16b293.jpg

ミミ日記2016-29

肛門嚢炎(こうもんのうえん)破裂で手術した傷跡も3週間でこんなに小さくなりました。
16b279.jpg
今はエリザベスカラーも洋服も外れて、今まで出来なかったお手入れに余念がありません。
お手入れし過ぎて、数回毛玉を吐き戻しましたけど…。
16b280.jpg
エリザベスカラーで十分食べられなかったのか、少し痩せて顔が尖がっちゃいました。
16b281.jpg
何はともあれ、いつものミミに戻って良かった良かった(=^・^=)
16b282.jpg

ミミ日記2016-28

朝晩は気温が下がり、急に肌寒くなってきました。・・・、となれば寒がり猫のミミは毛布に潜ります。
エリザベスカラーを付けていては潜れませんね~。
16b274.jpg
深くえぐれていた傷口もこんなに盛り上がりました。
16b273.jpg
エリザベスカラーを外しても傷口をなめないように、あれやこれや工夫して・・・
16b275.jpg
現在はこんな形に。
甲の部分が開いているソックスをカットして尻尾に通して傷カバーを作り、それを洋服に止めています。
もう少しの辛抱だよ。
16b276.jpg
傷口が微妙に隠れないので、またまた傷カバーを改良しました。
使用したのは↓のこんな形のソックス。赤線でカットし、黄色線の切り込みを入れました。
16b277.jpg
こちらの方が傷口のカバーにぴったりでした。
ちゃんとウンチもおしっこも普通に出来ますよ(=^・^=)
16b278.jpg

ミミ日記2016-27

手術してから一週間が経過。
病院のエリザベスカラーを付けて「これじゃ、怖くて歩けないよ~」・・・と、ふて寝しているミミです。

病院のエリザベスカラーは患部をなめないように、大きくて頑丈で重いプラスチック素材。
患部を守る役目は完璧、
だけど・・・カラーを付けたままでの食事は難しい、ぶつかる・引っかかるので怖がって歩こうともしません。
16b269.jpg

そこで、お母さんはエリザベスカラーをクリアファイルとシャンプーハットで作りました。
シャンプーハットは柔らかくて良いのですが、口が患部まで届いてしまうのでアウト。
クリアファイルのエリザベスカラーは、軽いし、柔らかいから何とか使えそう。
でも、食事の際の不便さとあちらこちらにぶつかるのは避けられませんね~。
16b270.jpg

大も小も出してスッキリ、元気になって来たので尻尾をぶんぶん(気に入らない事が多いものネ)振り回します。
傷口が肛門の近くなので、病院の先生も保護テープを固定するのに苦労されていて尻尾に固定していますが、
尻尾を動かすたびに保護テープが剥がれかかるんですよ~(T_T)

傷口が乾くと治りが遅くなるそうなので、考えたのは術後服。
着心地重視で表を中に着て裏を外に見せています(縫い代などが肌に当たるとイヤかな~っと。)
ダイソーのペット服の背中を切ってスナップを付け、伸縮包帯で足入れ(股入れ)を作ります。
この包帯部分で保護テープの剥がれを食い止めると言うもくろみなのですが、どうでしょうか。
16b272.jpg

少しの間カラーを外したら、早速ミミは見張り台へ上り、十二分に顔洗いをしていました。
その後、毛繕いを始めて足上げして患部をなめ始めたので、ストップを掛け、エリザベスカラー復活!
カラーを付けたままで台の上り下りは危ないので見張り台から下ろすと、自らコタツへ入っていきました。
16b271.jpg
エリザベスカラーを付けたり外したり、服を着せたり脱がせたりするものですから、
すっかり、ミミから警戒されてしまい、フーッ!と、唸られているお母さんです。

ミミ日記 2016-26

ミミが肛門嚢炎(こうもんのうえん)で手術をしました。
2日程前から尻尾が下がって元気が無いな~と思っていたら、左の尻尾付け根辺りから膿が混ざった出血がありました。
肛門腺が破裂・穿孔したのかも?って思い、病院へGO!診断はやはりそのようでした。

犬猫は肛門の左右斜め下(4時、8時方向)に肛門腺と呼ばれる分泌腺があり、肛門部分に分泌液がでます。
ミミは分泌腺の出が悪くなり、肛門腺が破裂して皮膚の下に膿が漏れ、皮膚も破れて膿が外に出た状態だそうです。

全身麻酔をし、壊死した皮膚を切り取って内部消毒をする手術です。
消毒をした後、早々と縫い合わせてしまうと、もし内部に菌が残っていると厄介なようなので、
傷口を縫わず、皮膚が盛り上がって来るのを待つ方法…治療のめどは3週間程度だそう。

手術を受けるに当たって「麻酔による事故等」の説明があり、同意書に署名しました。
午前中に診断、午後に手術、夜にお迎えでした。

↓は手術が終わって帰宅直後。今日は暴れては困るのでケージの中で過ごしてもらいます。
意識は回復していますが、少しパニックになっていました。動きが不自由なエリザベスカラーのせいかな。
ケージの傍で私は添い寝をして、声掛けや顔をなでなでしてミミを落ち着かせるようにしましたが、
時折遠吠えのような鳴き声を上げていましたね~、痛かったのでしょうか。
16b261.jpg

↓は術後2日目。ミミ用コタツで静養中。
16b262.jpg

術後3日目。ほとんどコタツの中から出てきません。
ちょっと気晴らしにミミの見張り台に少しだけ座らせました。台に乗せて、台から下ろしたのはお世話係の私です。
エリザベスカラーであちこちにぶつかるので、ミミも動き回るのは怖いようです。
16b266.jpg

傷口がパックリ開いているので、動いてテープが剥がては困るし・・・
雑菌が入らないように、ミミが傷口をなめないように…お世話係は気を使います。
避妊手術用の術後服はお腹の傷口を保護するためなので使えません。
病院の先生も「剥がれたらしょうがないですね」と言いつつも、傷口は乾燥させない方が良いとの事。
お尻と尻尾回りの保護服をご存じの方はぜひお知らせくださいませ。

水入れと餌入れは小さくて高さがあるものに交換しましたが、今はまだ餌や水は口元へ運んでいる状態です。
エリザベスカラーで飲み食いが出来る事と、ペットシーツのトイレに慣れてくれるのかどうか・・・不安です。

16b267.jpg
傷の画像です。クリックすると大きな画像になりますから、大丈夫な方だけどうぞ。
16b268.jpg

犬用ケージとミニテーブルで作ったミミ用コタツ。
土台は90㎝×60㎝の犬用ケージの下の部分に発砲スチロールで高さを埋めて、ミニテーブルを乗せました。
高さが足りないのでコタツ用の継ぎ足しを履かせました。継ぎ足しにをスポンジを入れてテーブル足を固定させました。
16b263.jpg

中にペットヒーターと座布団を敷いて枕代わりのクッションを入れました。
暑い時は座布団側へ、寒い時はヒーター側…、ミミなりに考えている様子です。
コタツ布団はコタツ用の下に敷くサイズ(120㎝四方)がピッタリでした。
16b264.jpg
出入り自由な入口をつければ完成!
気に入ってくれたのはうれしいけれど、今はもっぱら静養場所、避難場所として使われています。
16b265.jpg

ミミ日記2016-25

毎日の雨・・・イヤになってしまいますね~。
油断するとあちらこちらにカビが・・・気が付き次第漂白剤でカビ退治をしています。

ミミの見張り台のカラーボックス、裏蓋のベニアにもポツポツとカビが付いていました。
壁とは隙間を開けて置いていたのですがね~・・・ダメでした。
裏蓋を撤去して、カラーボックスを漂白剤で拭いて、扇風機で風を当てて元に戻しましたが・・・
またすぐにカビが生えて来るでしょうね。

そうそう、おから系の猫砂もカビますよ~。
猫砂を少な目に敷いて、こまめに全部取り換えています。

時々出るミミの喘息のようなセキ・・・これもカビによるアレルギー反応でしょうか。
治まっていた発作が最近出始めたので、カビが原因か~?と。
確かに梅雨時に発作が多い気がします。
16b260.jpg

ミミ日記2016-24

先週は我が家のPCにも Windows10 の大型アップデート(一周年記念バージョン)が降って来ました。
新PCと旧PCの二台共、Windows10バージョンが1511から1607に変わりました。

PCのゴミ(不要なファイル等)が溜まらない内にリフレッシュされるのはうれしいのですが、
バックグランドで更新ファイルをダウンロードしている時はネットにつながりにくい・・・
アップデートする数時間はPCが扱えない・・・設定が初期設定に戻っている・・・
こんな大型アップデートを一年に二回の予定だとか・・・
やめてくだされ~Microsoftさん、最新が一番だ!って勘違いしていませんか?
パソコンに求めているのは安心・安定して作業に使える事なんですよ~。

難しい事は分からないので違うかも知れませんが、私なりに家で例えると、
電気・ガス・上下水道などの配管を敷地に引き込んで使える状態にする・・・「BIOS」
土台と家作りの基礎(間取り)・・・OS(オペレーティングシステム) 「Windows」・「Mac OS」・「Linux」・「Android」等
細かな間取りや内装など・・・アプリケーション・ソフトウェア

Windows7までは外装・屋根・間取り・増築など家主の好みが反映されていました・・・
Windows10になってからはそれらはWindows仕様に仕向けられ、家主は部屋の内装だけ考えれば良い・・・
そんな窮屈さを「Windows10」に感じます。

16b258.jpg
冬に備えて模様替え。
押入れ大好きなミミに、ダンボール製簡易押入れに毛布を・・・。
そして、コタツが大好きなミミに、簡易コタツと云うよりは大型小屋…中にペットヒーター入り。
模様替えはミミにとっては余計なお世話かも(;´∀`)
16b259.jpg
リビングにほんとのコタツを出しちゃうと・・・
コタツの中で寝ているミミを蹴とばしかねないので、人間は足を伸ばせないんですよ~。

ミミ日記2016-23

お久しぶりです。私もミミも元気にしています。

16b254.jpg

パソコン…機種はLenovo IdeaCentre B305 (価格.com IdeaCentre B305) がチョイ?だいぶかな?不調(T_T)
有線LANは大丈夫ですが、無線LANが使えたり使えなかったり…デバイスの表示から消えちゃうの。
そして、時々こんな↓のエラーメッセージが出て電源ボタン長押しで強制終了するしか手立てが無い事がある。
「A Hyper Transport sync flood error occurred on last boot. Press F1 to enter Setup,F2 to resume」
その後電源を入れると普通に使えるんですけれどね~、BIOSの初期化をしてもダメでした。

で、ファイルのバックアップを取って、設定から(このPCを初期状態に戻す)→Windowsの初期化に挑戦。
元はWindows7でしたがWindows10にバージョンアップしていたので、Windows10バージョン1511で立ち上がりました。
でも、症状は改善しないので、本体の蓋を外してファンなどの埃を払って…終わり。それ以上の処理は私には無理~。
サポートセンターでオンライン診断したところ、デバイス回りに複数のエラーが有る事が分かりました。

16b257.jpg

大きい画面で一体化のPC、お手頃な価格…、新しいPCを物色して、そしてポチリました!(^^)! 
PCの性能は日々進化しているのを実感!マウスやキーボードもコードレスなのは便利。
Windows10搭載の新PCはCドライブのみでDドライブはなくなっていました。

長時間パソコンと戯れている私にあきれ顔、大あくびをしているミミです。
16b256.jpg
可愛い顔で寝ているミミが一番よ!
16b255.jpg

ミミ日記2016-22

酷暑お見舞い申し上げます

34度、35度が当たり前の毎日…、今日の関東地方は30度と幾分過ごしやすく感じたのは私だけ?
気温30度じゃクーラーを稼働させなくても大丈夫、窓を全開にして過ごしました。

ミミが庭をじっと見つめているので、ガマガエルでもいるのかな~と見てみると・・・
16b244.jpg
庭にいたのはスズメ。警戒心がまだ無い子雀なのか、よほどお腹がすいていたのか・・・。
16b245.jpg

暑い日はさすがにエアコンを稼働させます
・・・が、設定温度は30度、計っていないけれど床の温度はもっと低いと思う。
床でじっとしていると、冷えて関節が痛くなってしまうんです。
クーラー大好き夫は冷風の当たる場所へ、私とミミは冷風の当たらない場所へ移動しています。
クーラーの効いている部屋はジトッとしないから気持ちが良いんですけれどね~、体が拒否反応しちゃうんです。

クーラーの心地よさにウットリするミミも・・・
16b243.jpg
しばらくすると、冷風が来ない場所へ退避。
窓を閉め切ってお外が見えないのはミミ的には大不満のようです(^^;)
16b242.jpg

ミミ日記2016-21

パソコン操作している私を後ろから監視しているミミです。
16b239-1.jpg

長~く使ってきたブラウザのIE11(インターネット エクスプローラー)の調子が悪い。
Webページを表示した際に「このページは表示できません」 というエラーメッセージが表示されたり、
Flash Player を使った一部の動画が見られなくなったり・・・。
Internet Explorer 11の設定を色々と変えちゃったのが原因かな~と思ってIEのリセットをしても改善せず。

新しいブラウザ「Vivaldi」(ビバルディ)のスピードダイヤル機能が良さそうなので使ってみようと思います。
こちらのブラウザでは動画も難なく見られます。
まだ出来立てホヤホヤの新しいブラウザなので、不完全さや戸惑う事もありますけれどネ。
以前タブブラウザに変えた事もあったのですが、何だか使いにくくてIEに戻っていました、今回はどうなるでしょう。

高い場所でビロ~ンと伸びています。
16b240-1.jpg

テーブル下でもビロ~ン。時には庭に来たスズメを監視しております。
16b241-1.jpg

ミミ日記 2016-20

暑いと制作意欲がダウン…で、ミミ日記が続きます(^^;) ミミは暑くったって窓辺が好きです。
16b237.jpg
我が家もようやくWi-Fi環境になったので、遅まきながらタブレットデビューをしました。
箱から出して、充電してネットにつないで、あれこれ操作をしていたら何の前触れも無く画面が黒くなっての電源落ち。
やっぱり激安商品?初期不良?返品か~・・・なんて思いつつも再度充電。
充電不足とアプリの開き過ぎでハングアップしたようで、時間を置いてからスイッチを入れたら復活しました。

画面からアプリが消えているので閉じていたつもりだったのですが、隠れているだけでしっかりと開いているんですね~
初めてのアンドロイドタブレット、しっかりとアプリを閉じないとダメと反省(^0_0^)

バッテリーの持ちの悪さもアンドロイドの弱点と分かり、設定をあれこれと調整。
ディスプレイの明るさを落とし、位置情報を節約モードに、バッテリーセーバーを有効にしました。
バッテリーセーバーを有効にすると、下の右画像のように上下の色がオレンジ色になります。
16b238.jpg
iRULU 製の7インチの Android5.1 アンドロイド タブレット、キーボード付きのカバーも一緒に買って1万円ちょっと。
再起動が「reboot」と英語表示されているのはご愛敬?他のタブレットも同様なんでしょうか?
キーボードに日本語変換機能はありませんけど、打ち込むと日本語に変換されて表示されています。

もし、初期不良かな~と思ったら、一度、充電を満タンにして、再起動をかけると落ち着くようですね。
今のところこのタブレットは快調に動いてます。
一人がパソコンを占領していても、もう一人はタブレットでネット検索が出来るなど、やはり無線LANは便利ですね。
セキュリティと安定面を考えて、パソコンは有線LANで、タブレットはWi-Fiにしています。

・・・と、前置きが長くなりましたが、肝心要のミミの昼寝の動画です(^^♪
[広告] VPS

ミミ日記 2016-19

暑かった昼下がりの一枚。ミニ保冷材を枕元へ・・・親バカです(^^;)
16b234.jpg
ある日は猫ベッドで
16b235.jpg
爆睡中。
16b236.jpg

« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん