熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ドール服 ボディスーツ

13b280.jpg
体にピタッとしたボディスーツの作り方です。
豹柄はTシャツから、黒はスパッツから作っています(^^ゞ
型紙は「わたしのドールブック ジェニー№7」のウエットスーツを参考にしました。
背中の開きが大きいのでそのままで脱着が出来ます。
13b281.jpg
縫う順序は画像の通り、④脇、⑤裾、⑥股下と続きます。
13b282.jpg
完成した前後です。
13b283.jpg
尻尾です。中に芯としてモールを入れています。
13b284.jpg
尻尾と耳カチューシャ。
猫耳って難しい(ーー;)根元を縫い縮めたら猫じゃなくねずみになってしまいました(>_<)
13b285.jpg
スポンサーサイト

コメント

KUPOさん、こんにちわ。

解説して頂くと私にも縫えそうです。ニット生地は伸ばしながら縫うと簡単という事でしたが、糸は普通のミシン糸ですか、それともニット用の糸?ニットだと布端の始末は必要ないですよね。

教えてちゃんでごめんなさい。

おみつさん こんにちは(^^♪

いえいえ、私で分かる事なら、何なりと(*^_^*)
でも100%正解か?って言われると微妙…もっと専門的な知識をお持ちの方が大勢いらっしゃると思いますので。

私は普通のミシン糸を使って手縫いで縫っていますが、着せ替え時に縫い目が切れたりはしません。
>布端の始末
切りっ放しです。
大昔のニット素材はストッキングの伝線と同じように縦の編み目が解れたりした物もありましたけど、今のは解れませんね。

はじめまして

検索していたらここにきました。挨拶遅れました。はじめまして、当方は男ですがバービーの服作っています。ただ裁縫の技術も低いのですが好きでやっております。ここで勉強させてもらいます。よろしくお願いします。URL今わからないのですがアメーバブログでMr.jjの名前でブログやっています。

Mr.jjさん こんにちは(^^♪

紫色のコートもピンクのバスローブもとっても素敵ですよ(^_-)-☆
100均で素材を見つけるのは私も大好きです。

>裁縫の技術
既製服が主流になってから洋裁をする人が少なくなりましたからね~。
古本屋で洋裁の本(簡単な部分縫いなどが載っているもの)を見つけられると良いかも。
専門家向けの本じゃなくて主婦層向けの簡単な作り方の本は人形服を作る上でもとても参考になります。

ありがとうございます。

KUPOさん
さっそくブログを見ていただきありがとうございます。裁縫の本さがしてみます。ラクエルはメッシュが入っているのがちょっと気にいらないんですが東洋系の顔だしバービーの中では肌の色が一番白いのでよいですね。生地は専門店だとメーター買いなのでついついダイソーやセリアなどで買ってしまいます。特に人形サイズの細かい柄の生地はあまりないのでつい買ってしまいストックがたまってしまいました。^o^

Mr.jjさん 

ラクエルが好きというよりはファッショニスタの可動ボディが欲しかったんです。
よそ様のブログの美しい顔立ちのドール達にため息をついておりますが、
東洋的でハーフ的なラクエルに似合うような洋服を作ろうと思っています。
私もあのメッシュはちょっとな~と思いました(~_~;)

>ストックがたまってしまいました
私も細かい柄の生地を見つけるとつい買ってしまって…。
とっても良く分かります(^_^;)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/918-486222af

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん