熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

1/6ドール用袴製作2 脇縫いまで

袴の型紙については 2015/1/29の記事 でどうぞ。型紙通りにひだを正確に畳み、アイロンを当てます。
前袴
13b223.jpg
画像内の右側に左側を差し込むように左右を合わせてみます。(裏の中心線が合います)
この時、ひだの間が等間隔になるとOK。正確な型紙写しが要求されますね。
このひだが揃っていないと袴としては×だと夫が申しておりました。
もし、ひだの間隔が揃っていなら面倒でも折り目付けからやり直した方が良さそうです。
13b224.jpg
「こんな裾広がりは袴とは言えない」と夫からダメ出しされたのが↓、後でやり直します(ToT)
13b229.jpg
後袴
13b225.jpg
前袴と同様に画像内の右側に左側を差し込むように左右を合わせてみます。(裏の中心線が合います)
13b226.jpg
紙の型紙では合ったのに、布の厚みやズレで中心部のひだの間が広くなる場合があります。
そのときは、差し込む側(向かって左)のひだを付け直してひだの間隔が均等になるように調整します。
15b040.jpg
ひだ調整しなかった方の中心線を生かして縫います。(調整した方は縫い代が多くなります)
↓はスカート状の行灯袴の例ですが、剣道袴も同様に処理します。
15b041.jpg
ひだの確認が出来たなら、ここから縫いに入ります。
前袴の「笹ひだ」の裏を表に響かないようにまつり縫いをします。
同様に後ろの「投げ」の裏を表に響かないようにまつり縫をいします。
13b227.jpg
左右の脇をすそから開き止りまでを縫います。
13b228.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/907-a5d351b9

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん