熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ハロウィンって?

ウィキペディアなどによると
“ハロウィンは、ヨーロッパを起源とする民族行事で、毎年10月31日の晩に行われる。
ケルト人の行う収穫感謝祭が、他民族の間にも行事として浸透していったものとされている。
ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。
これらから身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。” 
12b421.jpg
“これに因み、31日の夜、カボチャをくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン 」を作り、
魔女やお化けに仮装した子供達が近くの家を1軒ずつ訪ねては”Trick or Treat?”「ご馳走をくれないと悪戯するよ」と唱える。
訪問された家ではお菓子(キャンディ2~3個など)を子供たちに渡すのが慣習らしい。
外灯の付いている家を訪問してお菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい…とされる。
「生卵をドアに投げつける」「玄関前の木にトイレットペーパーを巻く」などのいたずらをされる場合もあるらしい。
家を訪問されたくなければ外灯を消しておくのだそう”
12b422.jpg
“家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。
子供だけでなく大人もハロウィン・パーティーで仮装を楽しむ地域もあるのだそう”
12b423.jpg
日本ではお菓子や飾りつけなどが商業化されて娯楽として楽しむものになっていますね。
12b424.jpg

バービー、ラクエル、エリー(ラクエルの双子の妹と設定)、ティモテが集まってのハロウィン・パーティー。
12b425.jpg
「お菓子だけなの!アルコールは無いの?」って言ったのはだ~れ?
ティモテは18歳ですからアルコールはご法度なの(^_-)-☆
スポンサーサイト

コメント

こんにちは

このところ、たて続きに遊びに来させてもらってます。
お~!! これまで製作してこられたドレスを一挙公開ですね!! 1枚目のラクエル嬢の黒の帽子に黒のドレスが、彼女の「大人の微笑み」に合っていて印象的です。2着目・3着目も裏地つきでとても細かい作り! 手が込んでますね~。 4人のドールにみんなお帽子まで作って完璧ですね!スゴスギル!(私はここまでやり遂げるのに、気力が続きません・・・涙)

mikonosukeさん コメントありがとうございます。

>お帽子まで作って
手作りの帽子はバービーの帽子だけで…(^_^;)
他の帽子はダイソーのハロウィンコーナーに有った人間用のヘアアクセサリーなんです。
ティモテの黒いドレスも100円ショップ(ダイソーではない)のおもちゃコーナーで売られていた物なんです。
100円ショップに行くと店内の隅々まで見るので、店員さんからは「不審者」として見られているのかも知れませんね~。

ええ~!!
(すみません、また来てしまいました・・・)
人間用のヘア・アクセサリーにドール・サイズでもOKなものがあるなんて!! さすがはダイソーです!(私も大好きです 100均ショップ!!) まさに「タカラの箱」のようなお店ですね! こういう1/6サイズに利用できるものが見つかると嬉しくなってしまいます。

mikonosukeさん

>また来てしまいました
ありがとうございます、大歓迎です(^^♪

>1/6サイズに利用できるものが見つかると
ホント、ホント。
小さい物を見つけると「これ、利用出来ないかな…」と
その場で考えちゃう。…で、だいたい買ってきちゃいます。
だって、次に行ったらその商品が無い場合が多いのですもの。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/832-a8b48446

まとめ【ハロウィンって?】

ウィキペディアなどによると“ハロウィンは、ヨーロッパを起源とする民族行事で、毎年10月31日の晩に行わ

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん