熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ドール服 総裏仕立てのブラウス

総裏仕立てのこんなのを作りました(^^♪  全て手縫いです。
袖なし、襟なしのブラウスと花びら形のスカートのセットです。
399.jpg

まずは後ろ開きのブラウスから。
①表地と裏地の2枚を型紙通りに断ちます。
 前身頃・後ろ身頃の別断ちなら、肩を縫って前身頃と後ろ身頃身が続いた状態にします。(表地と裏地の二枚)
②表地と裏地を中表に合わせ、背中・襟ぐり・そでぐり(画像の白線の部分)を表・裏の2枚を一緒に縫います。
 表・裏を同じに縫うと、着た時に裏地が布の厚み・内径外径の差でだぶついて表に出てしまう場合があります。
 それを防ぐために普通は表地の縫い代の外側と裏地の縫い代の内側にマチ針を打って縫います。
 ・・・ですが、人形用で薄い生地の場合はそんなに気にしなくても良いと思います。
③表地の前2本、後ろ2本、裏地の前2本、後ろ2本…計8本のダーツを縫います。
12b387.jpg  12b388.jpg  12b389.jpg

④ダーツは表地が中央寄りに倒したら、裏地は外側よりに倒すなど、ダーツの縫い代が重ならないようにします。
 そでぐり、襟ぐりの縫い代にハサミで細かく切り込みを入れます。(くれぐれも縫い目を切ってしまわないように)
 アイロンを当てたら、後ろ身ごろを肩から引き出すドンデン返しをします。(画像の赤線)
⑤ドンデン返しの途中。
⑥ドンデン返しが完了したらアイロンで整えます。
12b390.jpg  12b391.jpg  12b392.jpg

⑦表の前身ごろと後ろ身ごろの脇を合わせて縫ったら、続けて裏の前身ごろと後ろ身ごろの脇を合わせて縫います。(左右)
⑧脇が縫い終わりました。
⑨肩を中に入れるようにして表地と裏地のウエスト部分を上にめくりあげます。
 中の肩先などを一緒に縫ってしまわないように注意し、表と裏を合わせてウエスト部分(画像の白線部分)を縫います。
 引き出し口の中央は縫わないで!
 引き出し口から左右の後ろを引っ張り出します(画像の赤線)
12b393.jpg  12b394.jpg  12b395.jpg

⑩引き出し口をくけて(まつって)閉じます。
⑪後ろにスナップをつけて完成!表
⑫裏
12b396.jpg  12b398.jpg  12b397.jpg
スカートの作り方は次回で(^_^)/~
スポンサーサイト

コメント

すごい、すごい!

本格的ですねぇ~
私が欲しい位です!

こんなに素敵な洋服を作ってもらえて幸せですねぇ~

今度はどんな作品が出来るのか楽しみです。

つるさん コメントありがとうございます。

いや~、「服が作りたい」気持ちにスイッチが入ったようで…。
飽きっぽい私の事、いつまで続くかが問題で…(^_^;)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/828-8442f1af

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん