熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ドール服 蜘蛛の巣マントでパニエ(ペチコート)を作りました

ダイソーのハロウィン用品コーナーで見つけた税込み210円の蜘蛛の巣マント、
「これ、何かに使えないかな~」と、しばし立ち止まって考えたのち黒・オレンジ・紫の三色を結局購入。
薄くてハリが有って「スカートを膨らませる」機能は十分そうなのでパニエ(ペチコート)を作りました。
生地は切りっぱなしで良いので扱いが楽、ただ、縫う時に銀色の蜘蛛の巣に目がチカチカしました~(>_<)
右画像のようにパニエだけでも自立します。
昔のロングドレスの下に履かせたらこのようにふんわりときれいに膨らみました。
12b385.jpg  12b386.jpg  12b384.jpg  
服のシワ、ボサボサ頭、ボケボケ写真など。お見苦しい点はご容赦ください。
ドレスのシワを伸ばし、アクセサリーなどあれこれと盛ってからお披露目したいと思います。
まだ生地が残っているのでハロウィン用に何か…型紙をあれこれ引っ張り出しては色々と思案中です(^^ゞ
スポンサーサイト

コメント

編みものの件で。。。

はじめまして。
ずいぶん前の記事ですが、「1/6ドール用の棒針で編むセーター」より拝見しましたものです。実は、編み物初心者なのですが、(特に輪編み)裾よりどんどん輪に編んで行って、指定どおり編みましたら、袖付けの部分が4目(前身頃)4目(後ろ身頃)で、一段段差になってしまいました。というか、段差の部分(編み終わり部分)を真ん中に挟んで、袖とメリヤスはぎしなさいとのことなのです。輪編みの段差で4目4目にわかれた部分はどうやって袖付けの処理したらいいか、教えていただくことはできませんでしょうか?(わかりづらい文章でスミマセン(p_-)。また、突然のぶしつけな質問ですみません。もしできましたらどうぞよろしくお願いいたします。。。

輪編み

とも。さん コメントありがとうございます。

輪編みは段差とねじれが発生しますが、気にせずに編んでいます。
フェアアイルなどの模様編みでは一段ずれます。
段消しの方法は私も知らないんです、ゴメンナサイ。

ご質問の意味がちょっと理解出来ていないので見当はずれかも知れませんが…
段差を気にせずにそのまま袖とメリヤスはぎをすれば良いと思います。

私よりもニットに詳しいみににっとさんのHPをご紹介します。
BBSに画像を載せていただくとアドバイスをしてくださると思います。
http://miniknit.web.fc2.com/index.html

編む方法にも色々有って、主なのをあげると
①前身頃・後ろ身頃・袖の各パーツを編んで綴じ合わせる。
②前身頃・後ろ身頃を肩で接いだら身頃から袖を編みだす。
③身頃の裾から輪編み、袖口から輪編み、合体させてラグラン線や丸ヨークで襟ぐりまで減目する。
④そでぐりから輪編みで編み出す➂の逆コース。

首から編み始める2010/11/27の記事の編み方でしたら、
あの編み方は首から下に向かって輪編みで編み進み、
胸まで編んだら身頃と袖に分けて、袖の目数は休ませておきます。
前身頃と後ろ身頃を合わせて輪編みで裾まで編みます。
休めておいた左右の袖は輪編み(目数が少ないので編みにくいですが)で袖口まで編みます。
この編み方は、はぎは一切無くて身頃の裾と袖口を綴じるだけです。

ありがとうございます。

こんにちは。お忙しい中ご返信ありがとうございました。
説明が難しくスミマセン。。ご紹介いただきました先生の所に質問させていただこうと思います。ご親切にありがとうございました。
お人形の洋服、、わたしも、そんなふうになれればいいなあと、憧れます(p_-)もう少し頑張ってみます。ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/827-ae71bbb0

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん