熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

二羽のウズラの思い出

ある日、息子が黄色の小さなヒヨコを家に連れ帰ってきました、これが「ウズラ」との出会いでした。
間もなく黄色いヒヨコは白く変わり、早朝にニワトリとは違う雄たけびを上げるようになりました。
白いウズラがいることを知らない私は「この鳥は何?」って図書館で調べたりもしましたが分からない。
この鳥が白ウズラと判明したのは2年後、我が家がネット環境になってからでした。

それまで犬やセキセイインコなどの飼育経験はありましたがウズラは初めて…
鳥とは言っても主に歩きや走っての移動で、例え飛んだとしてもドサッと落ちる…ホント着地がヘタ(~_~;)
骨折するんじゃないかとヒヤヒヤものでした。長い家禽化で飛ぶ能力がなくなっているのかも…。
(野鳥のウズラは渡りをする位に飛ぶようですが、現在は野鳥で見かけるなんて事はまずありませんね)
猫に襲われないように窓にネットを張って、家の中で放し飼いにしていました。
こうして家族+一羽のオスウズラの同居生活が始まりました。

横座りから両足を伸ばしてのリラックス姿、人の背中やお腹に乗ってお餅のように座ってる、
手や足に噛み付いて交尾行動をする、人の後を追いかけては追い越して前に出ようとする…
同居生活をする内、ウズラのユニークで可愛い行動に家族はメロメロに…(*^_^*)
もちろんトイレのしつけは出来ませんから、糞を見つけ次第、ウズラのしもべである私がふき取っていました。

初代の雄ウズラ「ピー」が居なくなって、その後迎えた「とっと」も雄ウズラ。
多少性格は違うもののリラックスする姿と好奇心旺盛で縄張り意識が強い点などは共通していました。
そして雄たけびが健康のバロメーターで早朝のその声でだいたい体調が分かるようにもなりました。
二羽のウズラとの12年間の同居生活は私の人生の中で子育てに次いで思い出深いものになり、
青年・中年・老年・死…とウズラの一生は私達に「老い」と「生き様」を教えてくれました。
12b369.jpg
上が雄の白ウズラのピー。
1998年7月生まれ、お祭りの夜店で「パンダクイナ」って名前で売られていたとの事。
雛から家族と一緒だったので「自分を鳥と思っていない」ようにも見え、いつも人間の傍にいました。
2歳時に事故で左目を失明、ハンデがあっても家中を散歩していましたね~。
冬はコタツの中にもぐり、 ファンヒーターの前でくつろぐ。
夏は風通しの良い場所に移動…と、家の中で一番居心地の良い場所を探す事が特技でした。
2006年1月に7歳6ヶ月で他界。

12b370.jpg
こちらは2004年8月14日生まれ、色変わり種の雄ウズラのとっとです。
とっとはウズラ社会を知っており、子孫を残した後、2006年の3月に我が家に里子に来ました。
鏡に映る自分の姿に一生懸命声を張り上げては縄張りを主張していましたね~。
あまり人慣れはしませんでしたが、人間は敵ではないとは認識をしていたようです。
ミルワームを口に咥えては床に落とす…を繰り返していたのはメスへの貢物?…(みつぐ君です)
とっととの日常はこのブログの「うずら」で書き綴りました。2010年10月に6歳2ヶ月で他界。

ウズラについてもっとお知りになりたい方は、
ノーマルウズラ・姫ウズラの楽しい画像が満載の 夢追い迷宮 でどうぞ。
スポンサーサイト

コメント

懐かしいですね

ピーちゃんととっとくん、懐かしいですね~。
ピーちゃんを知って初めて「白鶉」の存在を知りました。
ノーマル鶉をまたいつか飼いたいと思いつつ、なかなか実現できないでいます。姫鶉がちょっと増えすぎてしまった(^-^;)
今いる仔たちがそれぞれちゃんと天寿を全うしたときに、自分の人生がまだ続きそうだったら考えてみようかなと思っています (^^;)

初めてです・・・

うずらってこんなに可愛いものなのですね・・・
足を伸ばしている姿なんかほんとに和まされますね。

子供がいると何かしら動物が加わることがありますが、我が家はふな?だったでしょうか・・・
でも世話をしているうちに本当に家族の一員になりますよね・・・

洒微さん コメントありがとうございます。

>姫鶉がちょっと増えすぎて…
夢之丞君一羽飼いが今では多頭飼いに、にぎやかで良いですね(^^♪
時々mixi画像を見てはで和んでおります。
娘の姫鶉を預かった時にはおもいっきり甘やかしています。
ただ、姫は小さくて隙間からすり抜けてしまうので気を使いますね。
雄たけびの声はトーンが高く、ダース・ベイダー声も…、
ノーマル鶉との違いを感じました(^^ゞ
ノーマル鶉のあの大きさ、そして雄たけび…懐かしく思います。

つるさん コメントありがとうございます。

>足を伸ばしている姿なんか…
ホント、そうなんです。
犬・猫がくつろいでいる姿を鳥がするのにはビックリでした。
砂浴びをする鳥(ニワトリなど)も外敵のいない安全な場所では、
時たまこの姿勢を取ることもあるらしいです。

>ふな?
家では川で取った「ウグイ」を水槽で飼っていました。
大きくなって水槽からジャンプして★になってしまいましたが…。

>何かしら動物が加わることが…
アゲハチョウ、おたまじゃくし、かたつむり、カブトムシ…色々といましたね。
番外ではコウモリも戸袋に住み着いていました(^_^;)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/821-9c7a3a05

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん