熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

うずらの「とっと」日記 初めてのお留守番

土曜日に一泊する旅行に行って来ました。
「とっと」をお迎えしてから初めての一泊旅行です。
出掛けに餌も水も青菜も新しい物に変え、
「お留守番していてね」と声を掛けてから出かけました。

翌朝は雨が降っていたのと「とっと」の事が心配だったので
旅館の朝食を食べ終わって直帰りする事に。

10時頃自宅に戻って「とっと」「とっと」と呼びかけても
飛び出しても来ないし、雄叫びも上げない。
うずらは不安になるとひっそりと声も上げず物陰に隠れている。
何処にいるのかと思ったら二つ折りした布団の上に座っていました。
ケージの中には糞が無かったのでどうやら一晩そこで過ごしたらしい。
確かにケージの中の布団よりは居心地は良いとは思うけれど(^_^;)

日中は留守にしても一晩留守にするのは初めての経験。
誰も居ない暗闇の中できっと不安な一夜だったのだろうな…
私達の顔を見て安心したのか伸び上がって雄叫びをあげていました。

「とっと」の気になっていた癖。空中でついばむ仕草。
先代のうずら「ぴー」はそんな仕草をしませんでした。
当初は日差しの中で空中で舞っているごみが見えているのかな?
窓の外の葉を突こうとしているのかな~?と思っていました。
ひょっとしたら「とっと」は近眼なのかも知れないな~
鳥に近眼や遠視があるかどうかは分かりませんが、
餌やミルワームはちゃんとついばめるので問題はありません。
スポンサーサイト

コメント

訃報

とっとちゃんの姉、唯が今朝亡くなっているのを発見しました。
深夜~朝方あたりに逝ったと思います。
口に血が溜まっていました。
卵詰まりなのか(お尻に感触あり)、病気だったのか、原因は分かりません。
唯 ♀ 2004年5月4日 生まれ
2才1ヶ月9日間でした。
卵が産み止まらない我が家では、今のところ3才を迎えられた♀は居らず。
今年中にお別れするかもしれないなと思ってはいましたが、予想していたより早かったです。
はじめての2世、恐がりで懐かない子だったけど可愛い子でした。
唯には子どもがいません。
良い卵を生む子で、2才過ぎた頃に形見を残しておこうかと頭をよぎったともありますが、増やさないと決めたので。
我が家に残っている父の若葉♂、妹(次女)の掌♀、は共に白ウズラですから、KUPOさん宅へ養子入りしたとっとちゃん♂(末の弟)が一番容姿が似ている子です。
♂ウズラですから、きっと長生きしてくれるでしょう。
姉の唯の分まで元気に長生きしてください。
今年中という程度の覚悟はしていたのですが、はじめての子どもというのはショックでした。
まだ埋められずにいます。

彩国さん、唯ちゃんのこと心よりお悔やみ申し上げます。女の仔ってやはり短命なのですね(・ ・、)。

(KUPOさん、こちらに彩国さんへのお悔やみを書かせて頂き、失礼いたします。)

とっとちゃん、初めてのお留守番は心細かったのでしょうね。お布団の上に居たということは、家中自由に歩けるようにしてのお出かけだったのですか(^m^)

うちは一度だけ1世を一晩残したことがあります。風呂に蓋をし、床にクッションや餌や水をたっぷり置いて灯りをつけ、風呂場に閉じこめました。帰ってきたときの怒りようと言ったら … 建物の階段を上る頃から(当時は3階)怒りの声が聞こえていました(=_=;)

>空中でついばむ仕草
これは初代ユメが晩年やっていました。今のユメもときどきしています。どちらも、片眼がよく見えなくなってから始まりました。何かが見えているのだろうな、とは思っていますが … 。
ぴーちゃんはしていなかったとすると、必ずしも目のせいではないのかな???


彩国さん
唯ちゃんのご不幸 お悔やみ申し上げます。メスを長生きさせるのは本当に難しいことのようですね。とっとの柄が余計貴重になりました。とっとにはお姉ちゃんの唯ちゃんの分まで長生きして欲しいものです。

エルフさん
出かける際、ケージに入れようかどうか迷ったのですがケージ内で良くジャンプしていましたから激突の心配がありました。一応天井にプチプチ対策はしてありますが元気一杯なので。
>帰ってきたときの怒りようと言ったら…
放し飼いに慣れた仔は閉じ込められるのは一番イヤみたいですね。

夢君達も空中でついばむ仕草をしていたのですね。近視か弱視の類なのでしょうか。ピーは完全に片目の視力が失われていた様なので見えていなかったようです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/8-5da0fff1

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん