熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ラクエルの日常清掃日記 掃除の心得

チーフ  「今日から皆さんと一緒に働くことになったラクエルさんです」
ラクエル 「お早うございます。よろしくお願いします。」
チーフ  「今日はラクエルさんに掃除の勉強をしてもらいます。皆さんはそれぞれの仕事をしてください」

・・・皆は各持ち場へと出て行き、事務所にはチーフとラクエルの二人が残りました。

12b212-3.jpg
チーフ  「ラクエルさん…あの~…遊びじゃなくて…仕事に来たんですよね?」
ラクエル 「はい、そうですけど」
チーフ  「その服装、ちょっと目立ち過ぎますね(+_+) 仕事の時にはその大きなピアスも外して下さい。
      清潔感の有る動きやすい服装と靴で、長い髪は束ねて下さいね。
      指輪やネックレスなど宝石や貴金属は洗剤が付くと変色する場合もありますから
      できれば外しておいた方が無難だと思いますよ」
ラクエル 「は~い、分かりました」
チーフ  「は~いじゃなくてハイです、きちんと挨拶する事も大切ですからネ」

チーフ  「ラクエルさんもご家庭で掃除をされていると思いますが、仕事の掃除は家庭の掃除と
      違う面もありますから実践に入る前にしっかりと頭に叩き込んでください」

チーフはそう言って掃除の心構えを話し始めました。

・・・・・・・・・
① 掃除の作業を始める前に、どんな順番で作業をするのか考えておく。
  (作業中にいちいち道具を取りに行くのでは作業効率が悪くなりますから)

② 部屋は時計回り(もしくは逆回り)に掃除するようにして「ムダな動きをしない」
  (あちらこちらと動いていたのでは作業効率が悪く、やり残しが出やすくなります)

③ 基本は上から下に、奥から出口に向かって掃除をする。

④ 汚れている場所を重点的に掃除をして、きれいになっている場所には時間を掛けない。

⑤ 金属・鏡・ガラスなど光るものは必ず光らせる。
  (掃除後に光るものが輝いていると丁寧な掃除と感じます)

⑥ 金属類やガラス面の掃除は湿った雑巾と乾いた雑巾で仕上げる。
  (湿った雑巾の拭き跡が残ってしまうので、乾いた雑巾で残った水分を除去する)

⑦ 最後に低い目線・自分の目線・高い目線の3つの「視点」で点検する。
  (汚れを見る人の「視点」の位置はさまざまだから)
以上は掃除の考え方の基本です。

掃除と一口に言ってもオフィス・ホテル・病院などでそれぞれ作業内容が違います。
持ち場を一人で仕上げる場合もあれば、数名で一緒に仕上げる場合もあります。
また、事務所などでは社員が来る前に先に床を仕上げるなど、作業内容や順序が現場ごと違います。
「仕上がりの美しい掃除」には誰も何も言いませんが「仕上がりの雑な掃除」にはクレームが来ます。
なので、心して掃除に取り組んで下さいね。


次に、立場の考え方をお話します。
私たち「△企画」は「○○会社」に掃除というサービスを提供している会社です。
「○○会社」のことを「オーナー」と私たちは呼んでいます。

オーナー社員の中には「ごみの分別をしないで捨てる」など多少お行儀が悪い方もおります。
そのご本人に向かって直接「ゴミの分別を守ってください」などとは決して話さないでください。
あまりにひどい内容の時は私に報告してください、会社を通して申し入れを行いますから。
もし、備品を誤って破損させてしまった時は、会社としての対応をしますので隠さずに報告してください。

また、通路に落ちていた物(メモ紙・ネジなど)を発見した時は近くの机の上などに置く。
ゴミとしか思えない物でも、それを探している人がいるのかもしれないので捨ててしまわないように。
2~3日経ってもそのまま残っていた場合にはゴミとして処理しても良いでしょう。

時には「エッ」と思うような汚れと向き合う事もありますがそれがこの仕事、
「汚れた部分を元の汚れていない状態にリセットする」のが掃除の仕事だと自覚してくださいね。

そうそう、大切な事をお話ししていませんでしたね。
この仕事は一般の人が立ち入りが出来ない場所に入ることもあります。
好奇心で不審な行動と疑われる行為(不必要な場所に立ち入ったり)は謹んで下さいね。

ここらで少し休憩しましょうか。
用具の取り扱いなどは休憩した後にしましょうね。
12b213-2.jpg
スポンサーサイト

コメント

お掃除のこと、とっても勉強になりました。
ラクエルさんの表情、しぐさ、
真に迫っていて、役者ですね。

△企画の事務所は本物ですか?
遠近法で撮っているのですか?

続きを楽しみにしています。

うりきちさん 

コメントありがとうございます。

>続きを楽しみにしています
とってもうれしいです(^^♪
せっかく可動ボディのラクエルを迎えたのだから、
何か物語風に出来ないかな~と。
このところ「ラクエル」に掛かりきりなので、
薔薇を折っていなくて…手が鈍りそう(^_^;)

撮影方法は記事に書き込んだ通りです。
著作権までは考えが至りませんでした(>_<)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/779-715e1e61

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん