熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ドール服 手縫いのジェニー用ダッフルコート

100円ショップでキャメル(ラクダの毛で織った織物)に似たフリース地のひざ掛けを見つけたので購入。
「私のドールブック ジェニー№8 ピンクハウス大好き」の中から型紙をチョイス、少し改造しています。
手縫いの返し縫いでダッフルコートを作りました。暖かそうでしょう?(^^♪
12b029.jpg  12b030.jpg  12b031.jpg  12b032.jpg

型紙を使って裁断しました。(左画像)
前身頃と後ろ身頃を中表にして肩を縫い、フードのふちを縫います。(中央画像)
フードの後ろを縫い、袖口を縫います。(右画像)
12b020.jpg  12b021.jpg  12b022.jpg

フードを身頃に縫い付け(前は見返しではさんで縫います)、袖付けもします。(左・中央画像)
脇と袖を続けて縫います。(右画像)
フリース布は伸びるので伸び止めのテープを見返しに入れました。(接着芯でも良い)
12b023.jpg  12b024.jpg  12b025.jpg

前立てとすそを縫います。
ポケット口は折り返して手を入れられるようにし、周囲はアップリケのように付けました。(左画像)
髪留めゴムと木製ビーズを使ってダッフルボタンのようにしています(中央画像)
飾り布をアップリケしてゴム留めの部分を隠してダッフルコートの完成です(右画像)
12b026.jpg  12b027.jpg  12b028.jpg
スポンサーサイト

コメント

すごいです

KUPOさん こんばんは。
バラの講習会でご一緒した うりきち です。
御無沙汰しています<m(__)m>
お元気ですか?

mixiのプロフィールから伺いました。
プロフィール写真の十二単も素晴らしい
と拝見していたのですが、
ダッフルコートも素晴らしいです。

感動してしまいました。
あたたかそうですね。

「ダッフルコート特有のボタンは…?」と写真を拡大して見たら、
ビーズでつくられたんですね。
「本物みたい!!」と、再び感動してしまいました。

どうしてこんなに小さいものが縫えるんですか?
すごい すごい すごい!!!

また、お洋服を見に伺います。
楽しみにしています。

うりきちさん コメントありがとうございます。

どういう訳か小さい物が好きですね~。
バラも小さめのが好きです。
只今はバラよりも人形の洋服作りに夢中になっていて、
夢中になった後は中途半端で打ち切り…がいつものパターンです(^_^;)

手本を忠実に再現して、一つの事を極められる
うりきちさんやakoさんがうらやましいです(*^_^*)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/733-e5ee770c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん