熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

折り紙 Naomiki Sato Roseの講習会

折り紙作品のakoさんが講師のNaomiki Sato Roseの講習会に行ってきました。

公開されている五角の薔薇(Naomiki Sato Roseの折り方指南)の画像、mixiの「折り紙で作る薔薇」コミュ
での情報を基に今までバラを折っていました。
ですが、バラの形にならないのであきらめ、折りやすい四角形のバラを折っていました。
「やっぱり五角のバラを折ってみたい」「花びらの形成が良く理解できていない」
「Naomiki Sato Roseは日々進化しているので分からないことだらけ」・・・・・

今回タイミング良く講習会の案内が有ったの講習会に申し込みました。
講習会として行うのは初めてだそうで、私はナント第一期生です。

その時の記事は折り紙作品の講習会レポでどうぞ。
そして↓は私が講習会で折ったバラです。
11b226.jpg
…本当は恥ずかしくて公開したくはないのですがダメな見本として良いかな?と。
うやむやに折っていた部分や疑問点も講習会で解決出来てスッキリ!後は練習あるのみです。
Naomiki Sato Roseは折りばら(福山ローズ)のように誰が折っても同じ形になるものではありません。
折る人の個性が出るバラだと思います。
講習会の成果は…近いうちに記事に出来ると良いな~・・・こうご期待?!

↓は講習会でのサプライズプレゼントだった作者の佐藤直幹氏が自らが折られたNaomiki Sato Rose。
上から見ても下から見てもきれい。横をぐるっと回しても、どの面も均一化されていてます。
花びらの大きさ、角度、高さなどが5辺とも同じになるように折らなくてはこんな美しい薔薇にはなりません。
実物のバラよりバラの美しさを表現しているようです。
11b227.jpg  11b228.jpg  11b229.jpg
スポンサーサイト

コメント

凄い!

こんばんわ。

素晴らしいですねえ、、、
どうやってこんな立体的に折れるのか不思議でなりません。
1度は折ってみたいと思っていますが、今まで鶴を折ったくらいで
まったくの初心者は最初からバラは難しいでしょうねえ。

色々本もあるようですが、まずはどんな本から始めたら良いでしょうか?
もしお勧めがありましたらぜひ教えて頂けますか?

みににっとさん コメントありがとうございます。

ネット環境にいるのでしたら、福山ローズが立体の折りバラの基本を覚えるには一番適しているように思います。
川崎ローズを原型に福山版としてアレンジしたもので、「初心者が折りばらを完成できること」を目標にしているそうです。
とは言っても折る工程がたくさん有って最初はとても面倒に感じてしまいますが。
ぜひとも挑戦してみてください(^^♪

>色々本もあるようですが…
本の折り方を見て直ぐに理解するのは難しいです。
福山ローズが折れるようになったなら1分ローズや川崎ローズなどが載っている川崎博士の「究極の折り紙」が良いかも知れません。
でも難しいです(~_~;)

講習会はお疲れ様でした!
一度に詰め込み過ぎて混乱されていませんか?

花びら少し開いてしまうようですが、筒にしたときにもう少し調整が必要かもしれません。
折り上げた花びらが中心と平行になっていますか?
今度筒にして開く前の横からの写真を見せて下さいね!
コミュの方でも構いません。

この薔薇はとにかく「精進」ですから、
数を折るのみですね(^_-)
頑張りましょう~(^^)/

akoさん コメントありがとうございます。
講習会はお疲れ様でした。
その講習会のおかげでAタイプとBタイプの違いが分かりました。
今までは確かに混乱していました(~_~;)

>花びら少し開いてしまうようですが
そうなんです。
コミュ内のMikki Roseトピや~質問トピを読み漁り、基本中の基本の折り方をおさらい中です。
それでもどうしても分からない点は質問トピに書き込みますのでよろしくお願いします。

mixiへのコメント、ありがとうございます

KUPOさん、こんばんは。

私はまだまだ悪戦苦闘中です。

仕込み折りは何とか5つの角に同じような花びらを折ることができるようになったのですが、
筒にするプロセス、花びらを折り上げるプロセスの再現性が低いです。
うまくいったり、いかなかったり。

KUPOさんが折り線を書きこんでいらっしゃる画像、拝見しました。すごいです。

私も見習って正確に、正確に折っていきたいと思います。

講習会でいろんなタイプを説明しすぎて、
混乱されたのではないかと心配したのですが、
AタイプとBタイプの違いがわかったと言って頂いて安心しました。
これは好みの問題ですので、どちらか得意な方を採用してくださいね。

花びらが開いてしまうのは、どうしても最初に通る道なんですよね(>_<)
これは練習あるのみです。
私も最初の頃はず~~っと納得いくものが折れませんでしたが、
ある日突然折れるようになりました。
きっと何か小さなきっかけがあると思います。

また見せて下さいね(^^)/

うりきちさん コメントありがとうございます。
>私も見習って正確に、正確に

特にこの薔薇は正確さが要求されますね。
ぞんざいに折っていたのではいくつ折っても完成しないと今更ながら気づきました(~_~;)


akoさん コメントありがとうございます。

講習会でakoさんがおっしゃっていた「折り上げる時に引き戻すように」
その意味がようやく理解できました(^^♪
これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/708-02a41069

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん