熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

北海道旅行記 四日目

旅行四日目は小雨がぱらつく阿寒湖畔の朝を迎えました。
今日も6:30の朝食、7:30の出発です。
今日は道東から道央へ、そして札幌への旅です。

阿寒湖からほとんど信号機の無い平坦な一本道を足寄(あしょろ)町まで走ります。
二日目、三日目に道路そばに見えていたエゾシカも今日はまったく見かけません。
野生動物は知床や根室など道東に集中しているようです、って言うか、道東に追いやられてしまったのかも。
最近ではエゾシカが増え過ぎているので、駆除をして食肉を利用するのだそうです。
北キツネの遭遇も期待していたのですが、残念ながら会えませんでした。
二日目にバスの中で、一瞬、視力の良いガイドさんが見かけたようです。
ガイドさん曰く「この辺で犬・猫を見かけるのは難しい、草むらに猫が居るって思ったらそれは北キツネ」と。

足寄町の「あしょろ庵」でトイレ休憩兼買い物を少し。
大人の背丈より高くなる「ラワン蕗」のきんぴらなどをお土産に買ってきました。
その後、足寄町から初日に泊まった十勝温泉そばの高速道路を進み、富良野町へと走ります。

ラベンダーでおなじみの「富田ファーム」に到着。心配していた雨も降ってはいませんでした。
ラベンダーの時期は終わっていましたので、マリーゴールドや紫サルビアなどの花畑になっていました。
薄紫色の「ラベンダーソフトクリーム」と「ラベンダーシュークリーム」を食べました。
感想は…う~ん、個人的にはラベンダーの香料は食物には合わないような(^_^;)
11b179.jpg   11b184.jpg  11b183.jpg  
次に向かうのは皆様ご存知の旭川にある「旭山動物園」
私がここを訪れるのは2度目なんです。
前に来た時はペンギン館や北極熊館など中に入るのに30分近く並びました。
今回は午後2時過ぎの入園だったせいか、いっときほどの人だかりではなかったような…

山の斜面を上手く利用して造られていて、動物の見せ方も良く考えられているのですが、
狭い1DKに住んでいるような動物達が少し気の毒になってしまいます。
旭山動物園が多摩動物園ほどの広さがあったなら最高!などと私は思ってしまいますが、
冬の光熱費などの維持費を考えたならこれが精一杯の広さなのでしょうね。

アザラシのモグモグタイム、北極熊館、ペンギン館、もうじゅう館を見ただけで自由時間(1時間半)が終了。
ガイドさんが「ガチャポンのカプセル・ズーがマニアでは隠れた人気です」と話していたので私も300円のガチャポンを。
私の「カプセル・ズー」は「くもざる・かぴぱら館」でした。
11b181.jpg  11b180.jpg  11b185.jpg
午後7時頃に札幌のホテルに到着、この日のバス走行距離は約450キロメートルでした。
夕食は自由食でしたのでススキノ界隈をウロウロ。
かつては札幌に通勤していた身ですが、今はもうまったく場所も分からずに…(>_<)

当初、ジンギスカン料理を食べようと思って入った店が一杯で入れなかったので、結局、ホルモン屋へ。
札幌へ来てもホルモンを食べるなんて…わが夫婦のホルモン好きも異常かな。
数日間、旅館食だったので体が肉を求めているのだろうね~。
スポンサーサイト

コメント

パンです!

小生の生活圏内(広島県」)
にもあさひやま動物園パン売ってます
レッサーパンダパンとか
コレホンとです!

コメントありがとうございます

tunefusaさん、こんにちは。
>あさひやま動物園パン

漢字じゃない所がミソですね。
レッサーパンダの顔を描いたパンとかでしょうか?
牛丼を買いに車で30分のドライブに行かれましたか?
奥様の「吉牛が食べたい」気持ち、良~く分かります(^_^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/697-2d2c34b0

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん