熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

なんと無責任な・・・

福島市周辺に住む子供の尿からセシウム134とセシウム137が検出された。
5月20~23日にかけて6才から16才までの10人の尿を採取し、フランス政府の公認機関ACROに送って調べた。
結果は10人全員からセシウムが出た。
そして、驚きの発言が…
どの省庁も「子供の被曝の積算統計を取っていない」というのだ。
政府側のリーダー格である経産省原子力被災者生活支援チームの茶山秀一氏が明らかにした。
「どこ(どの省庁)が足し算をしているのか?」という父母らの問いについ口を滑らせてしまったのである

政府のずさんな対応に母親代表の佐藤幸子さんは堪忍袋の緒が切れた。
「あなた方はそんなこと(子供の被曝)も考えずに、子供を外で遊ばせ、給食を食べさせているんですか?」
怒気を一杯に含んだ佐藤さんの声が会場に響いた。
詳しくは福島の父母が子供の避難支援を政府に要望―経産省対応の不気味

被災者に二重・三重の苦しみを与えているのは今の政府のありようだというのに
政府のノーテンキさ、危機感無しの対応にはあきれるばかり、被災者の方々がお気の毒でなりません。
いつからこんな無責任がまかり通る世の中になったのでしょう?
諸外国から無責任体質の国と笑いものにされる日も近いことでしょう。
今まで先人たちが培ってきた「正直で責任感が有り勤勉な日本人」と言われてきた評価が
原発事故からの政府の対応で根本的に塗り替えられてしまうかも知れません。

そして「日本では子供を育てられない」と海外脱出する国民が増えるかも知れません。
国民が減る可能性、国の信用度ががた落ちになっている…それらにも気がつかない政府って…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/682-24387067

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん