熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

送電線の国有化を願う署名運動

富士通総研計画停電について考える:電力システムの再設計をから抜粋
・・・・・・・・・・・・
通信や鉄道でも自由化や民営化が実行されてきた中で、1990年代以降、電力でも自由化の議論がなされてきた。
その骨子は、競争を促進するための独占市場の開放やボトルネック設備である送電網のアンバンドル(構造分離)である。
その結果、発電分野の自由化から始まり、小売についても高圧需要家まで開放され、自由化市場は販売電力量ベースで
全体の6割を超すというのが、政府の説明である。
一方で一般電気事業者の反対が強く、低圧市場の地域独占や垂直統合については未だに手を付けられていない。
その結果、自家発自家消費を除けば殆どの市場を一般電気事業者が占有しており(【図4】)、
実質的に自由化が進んでいるとは言い難く、日本の電力産業の規制制度は閉鎖的なままである

自由化に反対する一般電気事業者からの説明は、一貫して安定供給の重要性であった。
電力は自由競争に馴染まず、他国より多少電気料金が高くても停電なく供給し続けるためには、
発・送・配電まで一貫して1つの電力会社が責任を持つことが不可欠と主張してきた。
確かに安定供給は電気事業法によって課されている電力会社の義務であり、効率性や地球温暖化対策と
比較しても劣らない重要な課題である。
ところが、今回それを果たせなかったわけであるから、いかに好意的に解釈しても「想定外」と
いうだけでは済まされない。
地域独占・垂直統合という保護的産業秩序が、本当に安定供給義務を果たすために不可欠だったのか、
寧ろそれが市場を通した柔軟な電力需給を阻害していなかったのか、冷静な検証が必要であろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・

大勢の人々には電力の安全供給を、一部の区域住民は停電で我慢を、なんて多数決の原理でも何でもない。
これから先もず~と私の住む区域は「計画停電」の影におびえて暮らすなんてまっぴら!
「安定供給は電気事業法によって課されている電力会社の義務」というのなら
一部の区域でも安定供給出来ないのは義務違反じゃないの?東電さん。

これを機にヨーロッパでは当たり前の電力の自由化に移行しても良いのではないでしょうか?
考えることは皆様同じようで送電線の国有化を願う! と署名運動をされている人がおりました。

6月6日に署名を集めはじめ、7月6日までに集計し、7月7日の七夕にみんなの願いが入った署名を
国有化を目指す国会議員にお渡しします。
マスコミのみなさまにも取り上げていただけるように 一部の署名は竹に短冊のように飾り
国会に持って行く予定です!
一ヶ月で一千万署名を集めるのは至難の業です。高い高い壁です!しかし、すべてはやらなきゃ分からない!
日本中に一気に送電線国有化という風が吹くように 一ヶ月という短期間で署名を集めたいと思います。
ぜひ、一緒にこの一ヶ月、あなたの力を貸して下さい!
・・・・・・・・とのことですのでご賛同される方はご協力をよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

俗にゆう国有化について

国有化として供給チャンネルを増やす事には賛成でシュ
以前携帯電話のとこに同じような話がありましたよね
結果は、多極化と低価格市場でした。
現実問題電力会社は、民営企業の体をなした独占国営会社でしょ。

このたびの震災を見て思うのは、
東京電力は倒産するんじゃないかとゆう事です。
この原子力発電所災害に対する
保障は、多分天文学的な金額が必要となるように思います。
リスクの細分化とゆういみでも一度考えてみるべきでしょうね。

政治劇について

kupoさん
一度話してみたいと思ってたこと思い出したので
描きます。
先だっての管総理退陣騒動ですが
小沢氏と鳩山氏の行動がどうも理解に苦しみます
もっと他にすることあるだろと言いたい。
ほんと茶番劇に思えてなりません。
それに、小沢さんあんた岩手の出でしょ。
こんなことする暇があったらさっさと災害復旧に働いたらどうなのよといいたい。
旧自民党の頃の悪い癖のように思えてなりません
どう思います!

tunefusaさん コメントありがとうございます

>ほんと茶番劇に思えてなりません
揃いも揃ってこんなボンクラ政治家たちに税金をむしり取られているかと思うと腹が立つ~!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/677-ca10554c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん