熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

一時帰宅ショー

政府は福島第一原発から20km圏内を「警戒区域」として4月21日以降立ち入り禁止にしました。
その「警戒区域」に2時間だけ家に戻る川内村の「一時帰宅」の様子をテレビで放映していました。

「面白くなきゃテレビじゃない」をモットーにしたフジテレビ局を始め、
職業的にストーリーを作ってしまうのがテレビ局と分かってしまった今、
私を始めとして多くの人はきっと冷めた目でその映像を観ていた事でしょう。
やはり・・・
阿武隈(原発30km圏内生活)裏日記より抜粋

タイベックスーツを着せて、低濃度汚染の場所に2時間だけ入らせる「一時帰宅ショー」
テレビで流れたのは、あらかじめテレビ局側が用意したドラマ、
物語を忠実に再現してくれる人たちの映像がほとんどだった。

「放射線防護服」などと言っているので、多くの国民が誤解しているが、
あれは別にガンマ線やベータ線の通過を防いでくれる服ではない。
汚れをすっぽり脱ぎ捨てるための服であって、普通に汚い場所や縁の下、
天井裏などで作業するときにも使われる、使い捨ての「作業着」のようなものだ。
放射線を防ぐ効果はない。
放射性物質が付着した場合、すっぽり脱ぎ捨てられるので簡単ですよ、というだけのもの。

我々川内村に今も暮らしている住民はみんな知っている。
20km圏内であっても、タイベックスーツなど必要ないほど汚染が低いことを。
文科省とアメリカエネルギー省が合同で作成した「汚染マップ」だが、これが驚くほど正確であることを、
線量計を持って現地を走り回っている我々はすでに知っている。

都会のビルの中で学者や官僚、政治家が数字をいじってああだこうだやっていても、
現実は別のところに厳然と存在し、状況はどんどん動いているのだ。

現実に即して、最善と思われる行動をとっていくしかないではないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「計画停電」問題で政府や東電に働きかけても「ぬかに釘」、無駄だと悟りました。
今も「計画停電」は人権無視・地域差別・経済衰退・犯罪を助長する最悪の方法だと思っています。
しかし、一つの事柄にとらわれ過ぎると精神衛生上よろしくない事も経験上知っています。

暑かった昨年の夏もエアコン(故障中)無しで過ごした実績もあるし、
春の停電の経験も有るから多少の事では驚かないつもりでいます。
もし「計画停電」が実行され実害が出たときには集団訴訟も視野に入れています。
私も阿武隈日記様と同様に「現実に即して、最善と思われる行動をとっていく」事にしました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/671-8466c607

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん