熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

夏の計画停電

5/13日経済産業省が夏の電力需給緊急対策本部における配付資料が公表されました
それによるとセーフティネットとして「計画停電」が復活しそうです
セーフティネットとしての計画停電のあり方から要約すると

1.計画停電の運用改善策
(1)停電回数・時間の減少
○1日複数回の停電を避ける。(1グループ、1日2回以上の停電は行わないようにする。)
○1回の停電時間を現行の3時間から2時間程度に短縮する。
(注)連日同じ時間帯に停電する現行の「日替り停電制」(停電時間帯が毎日順番に変わる)は継続する。
(2)医療機関等に係る特例
○夏の高温下における停電の影響を緩和するため、医療機関等について、緊急かつ直接的に人命に
関わることを考慮し、変電所の運用改善等によって停電による影響をできる限り緩和していく。
○その他、非常用自家発電機のバックアップとしての発電機車の派遣、在宅の人工呼吸器使用患者への
小型自家発電機の貸出し、熱中症対策の周知徹底等に取り組む。

2.計画停電を実施する際の手順
電力需給が逼迫し、計画停電等のおそれが高まった場合、
①政府が、事前(遅くとも前日)に「需給逼迫警報(仮称)」として、
これを避けるための緊急の節電要請を行うとともに、やむを得ない事態における計画停電の可能性を周知する。
②需給状況が改善されない場合、政府が、当日改めて「需給逼迫警報(仮称)」を発出するとともに、
実施の2時間程度前までに東京電力・東北電力から計画停電の実施をアナウンスする。

3.その他
(1)被災地の扱い
被災地については、引き続き、原則として計画停電の対象とはしない。
(2)東京23区の扱い
東京23区については、鉄道、信号機、医療機関、高層住宅・ビル等が高密度に存在し、昼間人口も多く、
また国の基幹的な機能が集積していることから停電対象としない。
ただし、その代替手段として、23区内の需要家に対して需給調整契約の締結等を促し、
需給逼迫時に計画停電を回避できるよう一層の需要削減を求める。
(3)大規模需要家の扱い
専用線、専用線類似の特高需要家は、技術的に可能な範囲で、大幅なピークカット等を条件に、
一定程度の連続操業が可能な形での計画停電等を実施する。
(4)その他
平成23年3月の停電時には、鉄道用の変電所等に通電した結果、隣接地域にも通電されたケースがあったが、
これらの地域については、技術的に対応可能な範囲で原則として停電対象となる。

実施の2時間程度前までに計画停電の実施をアナウンスする
って出先では気づかない内に停電になっている可能性がありますね
日常の計画が立てられないめちゃくちゃな日々が始まると思うだけで憂鬱(T_T)

震災被害者の方々を全力で守ろうともせず、「計画停電」で一部住民を安全弁のように扱う、
人の命を大切と思わない日本という国、最低!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/669-9d65f804

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん