熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

「計画避難」で村が分断

阿武隈(から避難中)裏日記から抜粋
川内村は、この20km圏危険区域指定により、村が分断されてしまいました。
主な施設では、「いわなの郷」という村内最大の複合施設と複合医療施設
「ゆふね」が20km境界線ぎりぎりに引っかかって立ち入り禁止にされました。

ゆふねの放射線量は福島市や郡山市となんら変わらず、危険性はまったく
ありません。
逆に、村唯一の医療施設を封鎖されることによる危険は計り知れません。
村に戻っている家の多くは、老人がいるために避難所生活が続けられない
ということで戻っているのです。
独居老人も多く、彼らにとっては「ゆふね」を奪われることは命綱を切ら
れるのと同じです。

人の家に勝手に下痢ウンコをばらまいておいて、自分たちは臭いからと
そこに近づこうともせず、「おまえんちはウンコまみれだからもう使えないぜ。
近づいたら罰金だぜ」と言っているわけです。
なんとタチの悪い犯罪者どもでしょう。説教泥棒よりはるかにタチが悪い。

ウンコをばらまかれても、我々は死にません。
ウンコが臭いから土地を捨てるなんてこともしません。
いや……ウンコは土が分解してくれますが、あいつらがばらまいたのは
分解不能な毒物。
これがただのウンコだったらどれだけよかったことか……。

放射性物質という爆撃からいかに身を守りながら生活していくか、
結局のところ、自分で決め、行動していくしかありません。

・・「計画避難」の不条理を訴え、憤慨している気持ちがとても伝わります
記事中、気象研究所地球化学研究部のデータを示し


核実験による汚染状態はあのチェルノブイリ以上だった
あの時代(1960年代)、毎日土の上を走り回って遊んでいた我々は、
すでにとんでもない内部被曝をしていることでしょう。

・・・・・・えっ、初耳!です
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/660-5936080c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん