熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

お粗末体質の東電

被災地の福島県川内村から避難されている方のブログ「阿武隈裏日記」より
消防士が放射線線量計を携帯している……
そういう地域に住んでいたのだなあと、後からじわじわっと実感させられた。
・・・そんな被災者の生の声に耳を傾けたいです
電源車も用意できなかった東電の記事から抜粋
・・・この時点で、電源完全喪失という恐怖のシナリオがスタートしました。
陸側に東北電力からのバックアップ電源ケーブルを二重三重に敷いておけば、電源喪失は起きませんでした。
バックアップ電源設備を海側、しかも防水もしていないただの地下に置いておくなどという馬鹿げたことを
していなければ、自前のディーゼル発電は動いていたでしょう。
さらには、7時間もかけて到着したという電源車が「ケーブルの長さが足りず」「プラグの形状が合わず」
使えなかったなどという間抜けな結果になっていなければ、冷却機能は回復していたはずです。
到着まで7時間もかかったということは、原発周辺に電源車さえ置いていなかったのです。
接続ケーブルすら準備していなかったのです。
施設の外側に、非常用送電受け口さえつけていなかったのです。
ましてや、「プラグが合わなかった」というのはなんの冗談でしょうか。
東電って電気屋さんではなかったでしたっけ?
・・・・・・
ギャグなら笑えるけれど、ここまでお粗末体質だったのですね 、東電って。

2007年には福島県議会で共産党が原発の安全性確保のための津波対策についての質問をしたという。
福島原発10基の耐震安全性の総点検等を求める申し入れ

これらの声を無視し、単純なミス連発の人的事故なのに「想定外の災害」と国民を騙し、
日本中をめちゃくちゃにし、世界中の海を汚し、日本の信用まで落とした東電
原発を管理する東電、東電を監視する原子力安全保安院、原発を推進した政府、
皆「自分は悪くない」って顔で記者会見している姿には腹立たしい気持ちで一杯です。

もう一つのお粗末さ
計画(輪番)停電を決定する時も何の考えも無しに「足りないなら何処かを停電させれば良い」
イザ、停電させてみたけれど都内に、納豆もない、ヨーグルトもない無い無いずくし…
テレビでは「震災の影響で物不足」って騒いでいましたけれど、「計画停電の影響で物不足」が正解でした。
その証拠に納豆もヨーグルトも首都圏の物不足は解消されつつあるでしょう?

その東電、原子力や火力など電源別の発電実績を示した資料をホームページから密かに削除していた。
計画停電の実施や中止を巡っては、同社の本当の発電能力が問題の核心になっていた。
ホームページからの突然のデータ削除は、このデータを開示し続けると、東電が不利な立場に
追い込まれることを恐れたためではないか、との見方も出ている。

被災者の補償金にはのらりくらりの東電、こういった隠蔽工作だけは非常に早い。

その東電、6月分の標準家庭の電気料金を5月分と比べ85円前後値上げするそうです。
政府も消費税の税率を上げる考えだとか…
東電も政治家高官(皆とは言いませんが)も自分の懐は痛めずに他からむしり取る守銭奴に成り下がっている。
守銭奴とは - 金銭を貯めることに異常な執着をもつ人。貪欲でけちな人。…とあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/658-c1a5d368

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん