熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

不公平停電物語『狼少年トウデンくんの夏』

関東近隣で起こっている事を書いてくださった不公平停電物語さんの作品を掲載します

ニホン国のカントウに、トウデンという名の無責任で無計画で不公平な少年がいました。
トウデンの仕事は、カントウに住む人のためだけに電気を作って配ることでしたが、
ある日大災害が起きてカントウ用の電気が足りなくなりました。
困ったトウデンは、「明日からみんな順番に電気を止めて停電する」と決めました。
カントウのみんなは「仕方ないね。みんな順番なんだから全員で協力しよう」と言いました。
ところが、一番大きな町だけは順番から外れたのです。町の人は便利な生活を続けました。

それだけではありません。
停電の順番が回ってきても、BさんCさんDさんの家はいつも通り電気がつきました。
同じグループなのに、Aさんの家だけが停電で真っ暗になりました。なぜでしょうね?
…Bさんがセイジカだから?…Cさんがカンケイシャだから?…Dさんが怒ると怖いから?
無責任な性格のトウデンのことですから、聞いてもきちんと答えません。

無計画なトウデンは、停電する前になってから大声で叫びます。
「今からこのグループには停電が来るぞ!停電が来るぞ!」
しかし、そのグループに入っているBさんCさんDさんは言いました。
「なんだ。停電なんて来ないじゃないか」

不公平なトウデンはなぜだか、別の村でもEさんFさんGさんの家を停電の順番から外しました。
トウデン「このグループには停電が来るぞ!停電が来るぞ!」
BCDEFG「なんだ。また今日も停電は来ないじゃないか。ほんとは停電なんかしないんだ」
ほんとは、いつもいつもAさんの家だけが真っ暗になるのですが、みんなは気付きませんでした。

トウデンは無計画なだけでなく卑怯者でした。細分化で不公平を無くしたように言いました。
人びとはすぐ騙されて、これからは公平に順番に全員が停電するのだ、トウデンはよくやった、と思いました。
でも、何と言うことでしょう。やってみたら、今までと全く変わってませんでした。
停電する時はやっぱりAさんの家ばかりで、BCDEFGさんの家は今まで通り一度も停電しませんでした。

こうして、計画停電に当たっても停電しない家がどんどん増えてゆき、いつもいつもAさん一人だけが苦しんでいました。
「停電が来るぞ!」とトウデンが叫んでも、「うちには一度も来ないから大丈夫」と安心する人が増えました。
いつしか多くの人びとが、停電のことも節電のことも忘れていきました。
Aさんだけが毎日真っ暗になるせいで、お店は潰れ、こどもは寒さとストレスで病気になりましたが、
無責任なトウデンは知らんぷりでした。

そして暑い夏がやってきました。今度は本当に電気が全然足りなくなりました。
今度こそ、トウデンは本気で叫びました。「大きな停電が来るぞ!大きな停電が来るぞ!」
けれども大きな町の人や、たくさんの人びとは、ずっと停電が無かったので、その事をもう忘れていました。
そしてついにカントウの人たち全員に、本当に大きな停電が来てしまいました。

決してふざけてる訳ではありません。物語にすれば、知らない人の興味を引くかも?と考えました。
転載フリーとのことです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/629-9db5432e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん