熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

計画停電でノイローゼになりそう

一昨日、昨日と計画停電がなくて少しほっとした日を過ごしました
ストレス発散で1円パチンコで遊び、焼肉を食べてきました…あまりストレス発散とはなりませんでしたが(~_~;)
駅前の通りは、店内が暗くガラス戸に「営業中」の張り紙をしたお店が多かったです
「店内は暗いですが明るい笑顔で営業しています」の張り紙には頑張っているネと思わず笑顔になりました

焼肉を食べながら夫と計画停電の話をするがなんだかかみ合わない
毎日停電と向き合い停電していない時間を縫うように動かなければならない私はストレスが溜まっていき
計画停電対象外地域に勤務して通電時間後に帰宅する夫は今までと大して変わらない日常を送っているので
私が何でイライラしているのかが分からない…非常に温度差があることに気がつきました

Dr_Radialist様に寄せられたコメントに私と同じような心情がつづられているので引用します
「よく、停電くらい、と言うようなことを言う人がいるけれど、節電と停電は根本的に違うんだってば!。
夫もまだ停電を経験していないので、もうまったく私の怒りに無関心です。
ストーブも、「石油がつくだろ」つかないと言うと「じゃあ、こっちはつくんだろ」とガスを指さす。
違うよ、それどころか水道もでないんだ。都区部の方はマリーアントワネットか、と毒づいています。」
※「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と発言したとされるマリーアントワネットです

また、夫と会話の中で
私「さっき知り合いの学校の先生と立ち話をしたのだけれど、学校も給食の提供がままならず
  停電でトイレの水が流せないのででホント困っている、これから対策会議があるって言っていた」
夫「えっ、学校と病院は計画停電の対象外じゃないの?」

皆さん、夫同様に学校と病院は計画停電の対象外と勘違いされているかも知れませんが
学校も病院も計画停電の対象外じゃありません、毎回停電します
暗い教室で、停電時を避けてトイレに行き、時には温かい給食が食べられない日も有る
そんな日常がこれから毎日続く生徒
一方、都心の学校では明るい教室で、停電に関係なくトイレにも行けて、温かい給食が毎日食べられる
今までの日常生活が送れる生徒
平等の扱いを受けなければならない子供達が学校の住所が少し違うだけでこうも違う生活がある
こんな不公平な生活を強いる計画停電は早急に見直すべきです

先週4日間で、計画停電回数計5回、停電時間15時間を経験した計画停電第1グループの私の体験談
15日は16:00~19:00
16日は13:00~16:00
17日は10:00~13:00 18:00~20:30 と2回の停電
18日は 6:30~10:00

18日も2度目の計画停電の予定がありましたが見送られました
17、18日と二日続けて2回の計画停電が実行されたら第1グループの人々はマジでブチギレてしまうかも

私が仕事(掃除)に行く職場も同じ第1グループなのでそこも我が家と同じように停電しています
非常灯も消えますので昼間でも真っ暗闇な部屋があります
もちろん常時節電のために暖房は切ってあるので社員はジャンバーやコートを着込んで仕事をしています
17、18日と2度の計画停電予定が入っていた日、社員は少なく、まったく人がいない部署もありました
停電時は電話・ファックス・パソコンも一切使えませんから仕事にならないだろうな~と思います
バッテリーでノートパソコンは使えてもサーバーもネットも使えないので限られた作業しか出来ないでしょう
守衛さんは毎回の停電ごとにドアを自動・手動に切り替えるという余計な作業をしなければなりません

汚れているであろうトイレを真っ先に掃除しようと思っていたら通電と同時に人がなだれ込んで来て
そのトイレ掃除は一番最後になりました
社員の皆さんもトイレをぎりぎりまで我慢されていたようです

停電時は流しの水が出ないなどで掃除も出来ませんから停電時間を避けての時差出勤になりました
仕事を終え、自宅に戻ると通電している時間に炊飯器でご飯を炊き、洗濯などの家事も済ませます
銀行や買い物などは行き先の停電時間を調べてそれを避けて行かなければムダ足になります

常時、職場・自宅・出先での計画停電のことを頭に入れて行動しなければなりません
ご近所迷惑と気にしつつ真夜中に洗濯などの家事をこなさなければならない人も出てくるでしょう
今までの生活リズムが崩され、こんな生活がこれからも毎日続くと思うだけで…とてつもないストレスです
計画停電ノイローゼの人がこれからたくさん出てくるでしょうね

Dr_Radialistからの便りに寄せられたコメントです
原子力発電についてですが私もこのコメントに共感したので掲載させていただきます

『ずっと前から原発が安全というCMを見るたびに、思っていたことがある。
そんなに安全だというなら原発は国会議事堂のすぐ傍に作って、国が本当に
安心だというところを見せてくれということだ。
あってはならない事故が起きてしまった今、現場で事態の収拾に命がけで努力して
戴いている方々にはただ頭が下がるばかりである。
しかし、多分今回の最大の責任者東電の社長は申し訳程度に何度か、メディアの前で
誠意の感じられないコメントを出しただけである。
放射能の影響のほとんどない東京の本社で、多分自分の今後を打算的に考えているだけなのだろう。
早く楽になりたいなあなんて思いながら。
こんなことが今後起こらないにするには、電力会社の社長室は原発のすぐ傍において、
社長に命がけで経営させててどうだろうか。
今回の地震と津波は想定外と責任回避する向きもあるようだが、社長室が原発のすぐ傍にあれば、
想定の範囲も今よりはもっと大きく捉えるようになるだろう。
また、万一今回のような不測の事態が起こった場合でも、経営よりも安全を重視した判断ができるようになり、
今回のような自己保身による初期対応の判断ミスもなくなるだろう。』
スポンサーサイト

コメント

同感!

オヒサです。
昔、原子力発電所を新宿に作れとゆう議論がありました。
消費地に近く、管理運営に地の利が生かせ、何より世界一安全なのだから
私の故郷に近い山口県上関原発が計画延期に鳴りました。
どちらも、はっきり言って過疎地です。
人知を超えるとユウガ、所詮人知なぞタカが知れているとゆう良い見本ではないか。
おごれることなく、
誠実に生きていたい。
被災された皆様に心からお悔やみ申し上げる。
実にちっぽけな、非力な自分を痛感します。

Re: 同感!

tunefusaさん こんにちは
> 昔、原子力発電所を新宿に作れとゆう議論がありました。
そうなんですか~
そのときに新宿に原子力発電所を作らなかったのが悔やまれます
そうだったなら東電の危機管理力が変わっていたかも知れませんね

いっちゃいますけど

グループ細分化しても回数が減らなきゃ意味ないです。
そういうことじゃなくて、対象を増やせと言いたい。

節電しなければいけないのは、毎日停電してる私たちではなくて
除外地域に住む方々ではないでしょうか。

まったく同感!

みみさま コメントありがとうございます 

停電している私たちは一生懸命節電しているのに
電車の本数が少ない、電車が寒いと文句を言っている除外地の人
文句を言う前に一週間毎日3時間の停電を経験してみたら?って思っちゃいます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/622-9c5c6e39

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん