熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

民事訴訟の被告になる3

送られて来た訴状と裁判所からの呼び出しにどうして良いか分からないので
とにかく法律相談にのってくれる所を探しました

裁判所への出頭日が迫っているので市の無料法律相談は到底間に合わない
県で行っている法律相談の予約を取って夫婦で行ってみることにしました
30分で5千円の相談料でした
 
送られて来た書類を前にして弁護士に疑問点をお聞きしました
答弁書を必ず作成して提出しなければいけないのか?
裁判所に出頭しないとどうなるのか?
裁判に負けたら裁判費用などを請求されるのか?

訴状の文面を読むなり弁護士は
「これは皆さんに金品を要求している訳ではないようです
原告側の土地に建っている建物を強制撤去しないと原告側が相続出来ないのでしょう
相続する為の法的手段なのでそんなに心配する必要は無いと思いますよ
全国に散らばった被告の方々から十万円程度のお金を回収するには
回収する手間代の方が高くついてしまうので現実的ではありません
答弁書を書かず、裁判所にも出頭しないで放置したとしても
裁判所から強制撤去しましたという書類が届いて終わりだと思います」

弁護士のその言葉に相談する前は不安で一杯だったのが少しは軽くなりました(^^♪

夫の兄の父親(A)と結婚した夫の母、後に夫の父(B)と再婚した夫の母
(B)と母の子供である夫は(A)の兄弟と相続関係が発生する?その疑問は
時間的制約があってお聞きすることが出来ませんでした(~_~;)

同じ頃、北海道に住む夫の兄もやはり弁護士に相談したようで同様の回答だったようです
なので、夫の兄と夫は答弁書も書かず、裁判所へ出頭もしないと決めました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/597-068d20cf

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん