熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

民事訴訟の被告になる 1

過去にあったトラブルの顛末記です

ある日、配達証明付きの封書が郵送されて来ました
「弁護士事務所から何?」開封してみると↓のような通知書でした
通知人の代理人である弁護士の名前の後には20名近くの見知らぬ名前がズラッ~
そして夫と夫の兄の名前がそこに記載されていました
b251.jpg
文面を理解するまで何度も読み返し、尚且つ弁護士事務所に問い合わせをしました
そこで分かった事は

AさんはBさんに土地を貸した(借地契約)
BさんはAさんから借りた土地に家を建てたが現在は空家になっている
当事者であるAさん、Bさん共に亡くなってしまっている
Bさんの直系は途絶えてどうすることも出来ないので
土地の明け渡しを求める法的手段を取ります…そんな内容のようです

法律用語が羅列された書面にビックリして夫の一番上の兄に連絡を取りました
「Bさんってご存知?どんな関係ですか?」
兄はBさんの名前は聞いた事があるそうです

夫の母親は兄の父親と結婚して兄が生まれたが父親は戦死しました
戦後、戦争未亡人になった母は夫の父親と再婚して夫が生まれました
Bさんは母の初婚相手だった兄の父親と兄弟だという事が分かりました

兄の父親の兄弟と夫とは相続関係は発生しなさそうにも思うのですが
通知書が来るというのはなんらかの関係があるのかも知れません

もしかしたら、戸籍も今ほど整備されているとは云えない時代の事で
戦死と通知された人が生きて帰って来た事もある世の中でしたから
その辺の事情が絡んでいるのかも知れませんね

「通知書だから放っておいても大丈夫だろう」「そうだね」と電話を切りました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/595-b99aec88

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん