熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

定期清掃

定期清掃とは毎月1回、もしくは半年に1回等、定期的に行う清掃の事です
定期清掃の主なものとして床ワックス掛け、カーペットの洗浄、ガラス清掃があります
日常的に行う日常清掃ではどうしてもまかないきれない部分が出てきますので
その日常清掃でまかないきれない清掃を定期清掃として行っています
職場での主な定期清掃は床のワックス掛けです

定期清掃(床ワックス掛け)の進め方

1 大きなゴミは取り除き、 清掃の妨げになる物品を他に移動しておきます
ポリッシャーが入らない部分や隅は人の力で擦って汚れを落としておきます

2 ポリッシャー洗浄
洗剤液を床材に適したパッド(材質は食器洗いスポンジの背中に付いているザラザラの不織布)
が付いたポリッシャーで回転させて床の汚れを擦って落とします
ハンドルを上に上げると右に進み下に下げると左に進むといった具合に移動できますが、
操作するにはある程度の熟練が必要です
ポリッシャーは20キロ以上と重く、スイッチを押すと直ぐに回転が始まるので
不用意に電源を入れると振り回されるのでポリッシャー作業は主に男性社員が行っています

3 汚水回収(かっぱぎ)
洗浄後の汚水をスクイジーの大型版のフロアースクイジーとチリトリでかき集めます
この動作が麻雀用語で点棒を豪快にかき集める“かっぱぐ”に似ているらしく「かっぱぎ」
の言葉はここから来ているようです
時には掃除機のような専用バキュームで回収する場合もあります

バキュームの方が隅々まできれいに汚水回収が出来るのですが、バキュームの電源コードが
ポリッシャー作業を邪魔することがあるので作業者には不人気ですね~(~_~;)

4 モップ拭き
汚水回収で残った床面の洗剤分をモップで水拭きします
一番拭き、二番拭きと水拭きで拭いた後、乾いたモップで3番拭きをします

5 乾燥
床用ドライヤーや送風機を使って乾燥させます

6 ワックス掛け
その床材に適応したワックスを塗布します
作業結果が問われるワックス掛けが一番神経を使います
塗り残した部分が無いよう、濃い部分と薄い部分が出ないよう均一に、かすれた部分が無いよう、
足場を確保しつつ、ワックスを塗った部分を踏まないように塗り進めます

7 乾燥
床用ドライヤーや送風機を使って乾燥させます

8 物品の復旧
移動させていた物品を元どおりにして作業終了!

作業スペース・物品置き場、作業時間が限られていることが多いので、ワックス作業を
終えた場所に物品を移動させて、その空いた場所の作業に進むといった具合なので、
ワックスが乾いたと思って物品を運び入れたら、まだ乾ききっていない部分が有って
足跡を付けてしまうといった失敗もあります
私も何度かその部分の塗り直しをしたことがあります(ToT)

ワックスが何層にもなって黄ばんだ状態になったりするとワックスを全て剥がして
裸の床にすると云った剥離作業も時には発生します
この剥離作業に使う剥離剤は強アルカリ性なので目に入ったら大変!
そして剥離作業は何度もポリッシャーを回したりするので非常に時間も掛かります
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/590-9e5ee215

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん