熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

とっとの近況

オスウズラの元気バロメーターに当たる雄たけびはまだ復活していませんが、
すりおろしリンゴと粉砕したシード餌の主食とミルワームなどを食べて
食べた後はちゃんと排泄して…と、ひとまず元気で小康状態を保っています
8月に128グラムあった体重は115グラムと少しやせましたが標準体重ではないかと思います

トットがウンチをしたら直ぐにふき取るようにしていますが、四六時中とっとを見ている訳にもいかず、
気が付くととっとの体の羽にウンチが付いている…なんて事もあります
なにしろ足元がおぼつかないで転げていますから汚れるのは仕方ありませんね~

ウズラは種子類を主食とするフィンチ類の糞(普通に鳥の糞と呼ばれる)とは別に
盲腸便と呼ばれる粘っこい茶色と緑色を混ぜたような糞をします(これがすごく臭いんです)
ウズラに体臭はないのですがこの糞が体に付いちゃうととっても臭い
そして、すりおろしリンゴを食べるようになってリンゴの果汁で胸元がガビガビに…
毛繕いもままならないトット、ベタベタの胸と糞で汚れた体はさぞかしイヤだろうな~

鳥は自分で水浴び・砂浴びをし、毛繕いをして清潔を保つので洗わない方が良い
羽毛の油分が抜けるのでお湯で洗うなんてもってのほか!など色々なご意見があります
確かに健康な鳥を飼い主の都合で洗う事は余計なお世話で必要のない事なのだと思います

…が、トットの清潔を保つ為に多少のリスクは覚悟の上…と、時々お風呂に入れています
あくまでも自己流ですので試される方は自己責任でお願いします

洗面器に42度程度のお湯を張ります(弱酸性シャンプーを少し溶かす時もあります)
何故お湯?水やぬるま湯は寒いようで震えて鳥肌が立ってます
人間だって水風呂よりあたたかいお風呂が気持ちが良いですもの

首とお腹を持って足から入れます
初めての時にはビックリして暴れますね~
首を持って首から上を濡らさないように(鼻や口に水が入らないように)気をつけながら
足・羽・体を洗います
その後、シャワーや掛け湯でシャンプーを完全に洗い流します
時には首までお湯に漬かるお風呂も経験しています
何度かお風呂に入れた経験から云うと温かいお湯の中で足を伸ばすのはイヤではなさそう
案外「気持ち良い~、いい湯だな」なんて思っているのかも知れません

さて、お風呂に入れた後が重要です
水分を良~くタオルでふき取ります
ツルンとした肌の人間と違って鳥は翼や羽毛で覆われているので隅々までふき取ります
体が冷えると下痢をするくらいにデリケートです
羽毛が完全に乾くまで弱風量の温風ヒーターで乾かします
↓はトットのお風呂上りの様子です
b228.jpg  b229.jpg  b230.jpg
まずは背中を乾かして…      足と手が伸びて来て          リラックス~     
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/587-0d400242

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん