熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

喜びと悲しみと・・・

喜びは…
ウズラのトットが6歳の誕生日を迎える事が出来ました(^o^)/
足腰はおぼつかないし、時々短いてんかん発作を起こしてはいますが元気です
雄たけびの声にもハリがある…でも早朝4時半から叫ぶのは止めて欲しいな~

悲しみは…
スズメのチビが昨日天国へ召されました
保温と抗生剤のおかげで体調は順調に回復しつつありました
ケージ内でバタバタしているチビを夫が発見して介抱しましたがダメでした

おそらく水が気管に入ったのではないかと思われます
水入れに餌や糞が入って汚れるので、前日に新しい水入れにしたのが裏目に…(ToT)
私が水入れを変えなければチビは死ななくても済んだのではないか…との後悔もあります

でもこんな風に考えました
カラスに見つかった時点で本来は天国に帰るはずだったチビ
私がカラスより先に誘拐した事でスズメ社会と違う世界に寄り道する事になったチビ
一緒に暮らした45日をチビは楽しめたかな?
「これ以上長居すると帰れなくなるよ」と天国からお迎えが来たのかも知れません

夫の手の中が大好きで包み込まれて気持ち良さそうに寝ていたチビ
チビの大好きな夫に抱かれ、その手の中から天国へ飛んでいけたのは幸せだったはず

私も夫もトットもちょっとずうずうしくてお茶目なチビが居なくなって悲しいけれど
チビは帰るべき場所へ帰って行ったと思う事にします
沢山の思い出をありがとうチビ、そしてさようならチビ
今度はカラスや猫や人間に誘拐されずに大空を飛べるスズメに生まれてね
スポンサーサイト

コメント

寂しいですね。

KUPOさん、
ウズラちゃんこと市毛です、鬱病を患ってしまい、長い時間パソコンのモニターを見る事がとても辛いので、ブログやホームページは休止中です。

チビちゃんの事が僕も毎日気になっていました、僕もとても悲しいです、家族同然のペットが天国に先に行ってしまうと、物凄く悲しく寂しいです。

でもこれがチビちゃんの天寿だと信じたいです、本当は野生の世界で生きて行くはずだったチビちゃん、人間の世界でKUPOさんや旦那様、トットちゃんと温かい家庭で過ごせたのは、きっと幸せな一生だったと僕は思います。

野生の世界で子孫を残すのが動物本来の姿だと思います、でも人間の世界で人間の子供として生きるのも幸せな一生だと僕は信じています。特にKUPOさんの様に最大限愛情を注げるお母さんの元で過ごせた一生は絶対に幸せに決まってますv-237少し短かったかもしれないけれど、絶対に幸せな一生だったと僕は思いますv-237

でもお別れは悲しいですね、僕は酷い事に仲が良くなかった祖母が亡くなった時には、ちっとも涙も出なければ、悲しくも無かったですが、ウズラのモモタロウが天国に旅立った時には悲しくて寂しくて、もう1週間ぐらい泣きっぱなしで、殆ど眠れませんでした。

変な文章になってしまって済みません、でも何だか人ごとに思えなくて、悲しくて寂しいけれど、チビちゃんには「良いお母さんとお父さんに育ててもらって良かったね。」と言いたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/570-41bd80e1

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん