熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

スズメの雛日記

ご近所から大きな青虫を頂きました(何の幼虫かは不明)
…が、その大きさにスズメの雛はビビッていました
結局その大きな青虫は庭にリリース

中央画像は一本足で朝日を浴びつつ寝ているスズメの雛
やっぱりお日様に当たるのは気持ちが良いのでしょうね
そうそう、ウズラの専売特許だと思われていた足を伸ばしてのリラックスポーズ
カーペットでの砂浴びモード突入後、一瞬ですがこの雛ちゃんスズメもしていました
自然界のいつ狙われるか分からない緊張の中ではする事が無いのでしょうが
手足を伸ばしての伸びが気持ちが良いのは人間や犬・猫だけではないようです

時には同じカーテンでくつろぐ二羽の姿…決して仲が良い訳ではありませんが
今のところ、なんとなく住み分けています
トットが血気盛んな若いウズラだったのなら雛とは完全別居じゃないと無理かも…
雛の逃げ足の速さにトットの視力と足腰が追いつかないだけなのです
雛の方も一時はトットを親と勘違いしていたような感があり一目置いているらしく
トットを突いたり攻撃することはまずありません
ただ、自分(雛)のケージにトットが入って来そうな時には大きな口を開けて
トットを威嚇しています
自分のテリトリーには侵入して欲しくない、でもトットのケージに入って餌を食べる
このスズメの雛ちゃん、ちゃっかりしています

集団生活をするスズメなら雛でもきっと理解出来ると思ったので
トットの餌箱に首を突っ込んでいる雛に私がトットを抱いて上から押し付けて
マウントの真似事“上下関係では雛よりトットが上”をたまに私がします
雛の勢力が大きくなりつつあるのでトットとの無用の諍いを避けるのが目的です
鳥は敵とみなすと目を狙うので視力の衰えたトットはひとたまりもありませんから…

以前から部屋の隅が好きだったのが隅に居る時間がよりいっそう長くなったトット
たそがれてるのかな~
「トットが一番よ」と言ってはみても抱っこしようとすると相変わらず逃げるトットです(~_~;)
b180.jpg  b181.jpg  b182.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/563-19f2dbd7

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん