熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

とっとの写真

b111.jpg b112.jpg b110.jpg
左は日向ぼっこ中のとっとを上から撮った写真、
真ん中の写真はカメラを床にして後ろから撮ったもの
ボロボロの羽と赤いお尻のふくらみがチョット恥ずかしいかな…!?
右は床に転寝している私の背中の後ろに居るとっと
なでなでしようと手を出すと逃げるくせに人の傍が大好きなとっとです
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。

はじめまして。
Lieと申します。
今度、うずらを飼うことになったのでうずらの事をインターネットで調べていたら、たどり着きました。

とっとちゃん、4歳なんですね。
こてっと日向ぼっこしている姿がかわいいです・・・♪

いろいろな方のうずらを見ていると、2・3年で星になってしまう子が多いのかと思っていましたが、そんなことないのですね。
やはりKUPO様の育て方がいいのでしょうか。

ネットで何を食べるのかを調べてみると、どこそのこペレットがいい、いやペレットはだめだといういろいろな意見があってちょっと、混乱しています。
もしよろしければ、普段とっとちゃんが何を食べているのか教えて頂けませんか?
できれば、長くともにいたいと願うので。
参考にさせていただきたいと思います。

もし、以前紹介されていたらごめんなさい。
いくつかさかのぼって読ませていただいたのですが、
すべてはまだ見れてなくって・・・。
以前飼っておられたぴーちゃんは7歳(!)だったのですね。よろしければ長寿の秘訣をお教えください。

よろしくお願いしますm(_ _)m

Lieさん こんにちは!
うずらを飼うことになったのですね(^^♪
うずらにも種類が有って、我が家のうずらは日本うずらの色変わりです
ペットショップで売られているのはおそらく姫うずらだろうと思います
リンクの「夢追い日記」は両方とも飼われていた方なのでとても参考になりますよ

さて、餌の事ですが私は普通に市販されているセキセイインコ・文鳥用の
「小鳥の餌皮剥きタイプ」を使用しています
その餌にビタミン・ミネラルを補強するためにグリーンペレットなどを
適当にブレンドして与えています
栄養面を考えると確かにペレットタイプの餌が良いとは思いますが
全てペレットでは何だか味気ないような気がして…
確かに全て同じ味のペレット餌よりは一つ一つ味が違う粒餌の方が喜んで食べます
そのせいかどうか先代ピーもとっとも肥満傾向にあります(~_~;)
そのほかにはミルワームと青菜を与えています

長寿の秘訣…寿命は持って生まれたものでもありますからネ
ただ清潔な環境下を心掛けてはいます

寿命はオスとメスでかなり違います
メスは卵詰りなどが原因で2~3年で命を落とす場合が多いらしいです
オスは卵を産むリスクが少ない分長生きするようですよ
但し、オスの毎朝(それも早朝)の雄たけびは鶏ほどでは有りませんがうるさいです
それと犬・猫・インコのように人に慣れる事はほとんどないでしょう
家の床が草原の代わり、そこに野生のうずらが一羽暮らしている
そんな感じの日々が放し飼いにしている我が家です

こんばんわ!
お返事遅くなってすみません;

日曜日から、日本うずら♀と同居を始めました。
地域や時期にもよるのでしょうか?
近くのペットショップはなかなかうずらを取り扱っていなくて、
ようやく見つけた子です(^^*

なるほど~!
ペットショップではチャボのえさと小松菜とミルワームを与えてたそうなのでそのまま与えていますが、
えさが無くなったら小鳥の餌とグリーンペレットに切り替えてみようと思います。

そうですか・・・メスとオスで寿命が違うんですね・・・。
その差は考えてなかったです(>_<)
まだ、卵を産んだことはないそうなのですが、長く生きてもらうために栄養面は気をつけなければですね。

勉強になりました!
リンク先も参考にさせていただきます。
また、お邪魔させていただくと思いますのでよろしくお願いします。

お返事、ありがとうございました♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/523-71a113fe

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん