熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ナンバ歩きの馬

7/27の「目がテン」の番組より…
モンゴルの遊牧民が使う馬はナンバ歩行の馬が多いのだそうです
ナンバ歩行の馬に乗ると、乗り手は乗りやすくて疲れないのだそう

「ナンバ」とは、「右手と右足、左手と左足を同時に出す」歩き方の事です
山道などで手を振らない歩き方も「ナンバ」と呼ばれているようです
対して現代は右手と左足、左手と右足を同時に出し体をひねる歩行です
そして、昔の日本人は浮世絵にも見られるようにナンバで歩いていたようです

昔の日本人は歩くときに腕を振っていなかった、そして体もねじっていなかった
腕を自由にしておくことで刀やその他のものを持ったりしていても歩きやすいし
腕を振ったり体をねじったりしないから疲れ方も少なかったらしい
飛脚や馬丁などの足の速さに驚いた外国人も居たようです
昔の日本人の動き方や体の使い方は現代人とは異なっていたのでしょうか

「ナンバ」動作は剣道・柔道をはじめとして太極拳などにも結構あるようです
そして「ナンバ」はとても着物に合った歩き方だったようです
着物姿で体にひねりが入る現代の歩き方で歩くから着崩れするようです

でも、ナンバ歩行の馬が居たなんて驚きです
スポンサーサイト

コメント

>昔の日本人は歩くときに腕を振っていなかった、そして体もねじっていなかった

それで思い出しました。小学校の時、体育の時間、行進の練習で結構直されている子がいたんですよね。別に悪いことじゃなかったんですね。戦争があったので軍隊の影響でしょうか?

今からでも「ナンバ」歩きしたら腰痛にもいいかもしれませんね?

ごろにゃんさん こんにちは
コメントありがとうございます
そして返事が遅くなってごめんなさい<(_ _)>

大股で歩く際には一般的な歩き方が自然な動きのようです
でも、オリンピックでフェンシング競技を見ていたら
右手・右足を前に出していました
西洋・東洋問わずナンバ動きはあるのですね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/483-413aa1b8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん