熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

秋葉原事件に思う

秋葉原無差別殺人事件から一ヶ月以上が過ぎました
その間に、容疑者のご両親が謝罪会見をし、容疑者の弟さんが手記を発表しました
容疑者の家庭が冷たいだとか、母親の教育が過ぎただとか色々と云われているようです

教育熱心過ぎて時にはヒステリックを起こす事もあった母親と
母親の行き過ぎた行為を止める事も子供を庇う事も出来なかった父親
確かに家庭環境に問題はあったと思います。が、この家族が特別ではないと思います
家族が一丸となって困難に立ち向かう状況ならば家族の絆が深まるかも知れませんが
下宿人同士のような希薄な親子関係・兄弟関係の家庭は何処にでもあると思うのです
ご多分にもれず我が家もそんな感じの家族です

親の果たせなかった大学進学の期待を子供に託しすぎた重圧が原因?
とも云われていますが実際はどうでしょうか
自分の夢を子供に押し付けてしまう親は世の中には沢山居るでしょう
芸能界のステージママ、スポーツ選手のパパなどに結構多いと思います

私自身、子供二人を育てた子育てを振り返ると…
一子には子供の心を受け入れる余裕も無く、子供に一方的に押し付ける育て方をしたし
二子には程々の手抜きと云うか融通の利いた余裕の育て方をしたような気がします
確か容疑者も長男…育てられ方の違いも何か関係があるのかも知れません
子育てに関しては色々と思いがあるのですが今はまだ自分の意見をまとめられません

容疑者自身が職業を始めとして何処かに心のよりどころを持てていたならば…
もし、「親の力が足りなくなり捨てられた」を「学習面では母を超えた」と思えたなら…
没頭出来る趣味や慰められるペットなど…何かしらの逃げ道を持っていたら…

容疑者の資質、育った環境、社会情勢、きっかけ、そんな幾つもの偶然が重なった
ことによる事件だと思うのです
事件にはならないけれど、似たような状況は沢山あるのではないかと…
重大災害を1とすると、軽傷の事故が29、そして無傷災害は300になるという
労災で良く使われる「ヒヤリハット」を思わず思い浮かべてしまいました
ハインリッヒの法則

容疑者が罰せられる事は当然の事ですが、事件を起こしていない弟さんが職を失う事に
なったのは残念です。そっとしておいて上げたい心境です 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/470-ad6d91e9

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん