熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

焼けぼっくい

ある日の私と夫の会話
私  「焼けぼっくいって新聞記事に書いてあるけど焼けぼっくりの間違いじゃない?」
夫  「間違いじゃないよ、クイだよ、杭!」
私  「えっ!!松ぼっくりのぼっくりじゃないの?」

「俺も社会人になるまでアスコットタイをマスコットタイと覚えていた」
すかざず夫が慰めてくれました

だけど…若い時の勘違いは誰にでもあるからまだ可愛いけれど
この年まで…半世紀以上も気付かないのは…遅すぎ!恥ずかしい(~_~;)

どうしてこんな勘違いをしたんだろうな~と思い返してみると
松にはマツヤニと云う燃えやすい成分が含まれていることから
“焼けた松ぼっくりに火をつけるとまた直ぐに燃え出す”と
私は勝手に解釈して覚えてしまっていました
そして何の疑問も持たずに「焼けぼっくり」と思い込んでいました

ことわざ「焼けぼっくいに火がつく」の意味は
ぼっくいとは棒杭のこと
焼けぼっくいは火が消えたように見えても、
わずかな火でまたすぐに燃え出すことから
いったん縁の切れた男女の仲がもとに戻ることを意味します
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/435-b1fb7935

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん