熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

最近のとっとです

このところ登場回数が少なかったとっと…元気です
人間の朝食時にとっともご覧のようにミルワームの朝食です
最初の一匹をくわえては「ポポポ」と貢君モードでその辺をウロウロ
しかし、残念ながら我が家には貢べきメスが居ません
(ウズラのオスはメスに貢物をして交尾を迫るそうです)

口に咥えて飲み込むのかと思えは吐き出して…食感を楽しんでる?
時にはミルから体液が出たりするのは少しグロテスク…
でも生餌はとっとにしてみると大好物、仕方ないですね
b51.jpg
スポンサーサイト

コメント

お世話様です。

KUPOさん、

今晩は、出来ましたら又助言を頂きたいのですが、昨日の夕方に家の桃太郎の上嘴が3分の1位、ポロッと取れてしまいました。

1週間位前に、折れる境目から根元と先がツートーンで色が違い、「あれ、おかしいなぁ。」と思っていました、それで折れてから、下嘴の方が長い訳ですから、エサを咥えにくい様で、何だか元気が無くなってしまいました。

大好物のミルワームなら元気良く食べるのですが、お腹いっぱいになると、又寝てしまいます。ミルワームは体に悪いのは分かっているのですが、食べさせ無くては衰弱してしまうので、そうしています。

ピーちゃんも嘴が折れた事は有りますでしょうか?もしその経験がお有りでしたら、その後工夫した事や、注意しなくてはいけない事などは、有りますでしょうか?よろしければお教えください。桃太郎の嘴の画像を私のブログに張りましたので、もしお時間がございましたら、見て頂けませんでしょうか?いつも質問ばかりして、申し訳ございません。桃太郎が初めてのウズラなので、お聞きする事が出来るのはKUPOさんしか居ないのです、本当に済みません。病院に連れて行くのは、桃太郎がストレスに耐えうる体力はもう無いので、獣医に聞く事も出来ません。もしよろしければお願いいたします。

ありがとうございます!

KUPOさん、
今回もアドバイス、本当にありがとうございます!桃太郎ですが、昨日は少し元気がなかったのですが、今日は多少良い様に見えます。

KUPOさんの仰る通りで、体調が悪くなると、2~3日で落ち着いて、少し元気でいると(小康状態と言うのですか?)又元気が無くなって、数日で又元気になる、と言うサイクルをこの約2ヶ月間繰り返しています。

雄叫びは今月の15日に朝2回、夕方1回上げて以来上げておりません、雄叫びは雄ウズラの健康のバロメーターだと思っていますので、少し心配です。

ピーちゃんは何歳位まで雄叫びを上げましたか?やはり晩年は上げなくなりましたか?よろしかったらお教えください。今回はまたまた本当にありがとうございました、これからも何卒よろしくお願いいたします。

雄たけび

>晩年は上げなくなりましたか
はい、あげなくなりましたね
多分6歳頃からはめったに叫ばなくなったと思います
たまに雄たけびを上げても声が裏返ったような感じで
若い時の迫力のある声ではなかったですね
若かりし頃、朝の雄たけびの連呼に「うるさい!」って
ピーに声掛けしていたのが嘘みたいに静かでした
雄たけびに代わって「ピヨピヨ」「ブツブツ」と
よく独り言を発していました

いつもありがとうございます。

KUPOさん、

家の桃太郎なのですが、一昨日と昨日は元気だったのですが、今日は元気が無く、小屋の中で移動する時腰が抜けた様によろけて側面に倒れたり、食欲も無く、殆ど寝ています。この2ヶ月程は2~3日調子が良いと、その後2~3日元気が無くなる、と言うサイクルを繰り返しています。もう本当にお別れのカウントダウンが始まったみたいです、後何日もつかなぁ。v-409

今まで本当に色々と親切にして頂いて、本当にありがとうございました、今日、明日と休みなので、桃太郎と一緒に居てあげようと思います。

今晩は。

KUPOさん、

夜分遅くに済みません。家の桃太郎ですが、4月22日の22:15頃に、大好きだった母の手の中で亡くなりました。ここの所体調を崩しては回復し、回復しては体調を崩す生活を2ヶ月程繰り返していましたので、僕は頭の中は桃太郎の事でイッパイ、心はいつも冷や冷やしっぱなし、辛そうにしている桃太郎を見る心を引き裂かれる思いをしていましたので、桃太郎が苦しみから解放されたと思うと、正直ほっとしました、でももう会えないと思うと悲しく、世話を焼けないと思うと寂しくもあり、複雑な心境です。

結局僕が目標にしていた7歳の誕生日をむかえさせる事は出来ませんでしたが、6歳と8ヶ月と2週間、頑張って生きてくれました。

KUPOさん、数々の助言を本当にありがとうございました、とても参考になり、そして僕の気持ちも本当に楽になりました。何度も何度も頼ってしまいまして、本当に申し訳ございませんでした、そして僕と桃太郎に向けての応援や励ましのお言葉、本当にありがとうございました。

ウズラちゃん
>大好きだった母の手の中で
きっと桃太郎君は心安らかに旅立てたことでしょう
不自由な肉体から開放されたのです
本当は喜んであげなくてはいけないと思うのに
悲しいですよね、6歳と8ヶ月も一緒に居たのに
居なくなるなんて…
早朝の雄たけびに「うるさい」と思い
いろんな仕草に「アンタ、鳥だろ?」と思い
ひょうきんに笑わせてくれたであろう桃太郎君

桃太郎君からのメッセージ「今までありがとう」
ウズラちゃんとお母様にはきっと伝わったと思います

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/433-ebeaa551

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん