熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

飲んだ夫の武勇伝…

私の夫は酔っ払って路上で寝込んでは警官に起こされたり…
はるか遠い駅まで乗り越してはホームのベンチで始発を待っていたり…
バッグ・財布などの紛失は度々…免許証の再発行は4度…
そんな夫なのでクレジットカードは怖くて持たせられません(~_~;)
数々の武勇伝を持っている夫もこのところ深酒をする機会が減って気を許していたら
久々のヒット!を飛ばしてくれました

深夜3時…中々帰ってこない夫の携帯に電話すると
私「会社はお休み?」
夫「いや、行きますよ。自転車が重くて…今帰ります、帰ります…」と切れました

ハゥ…以前に鍵が掛かったままの自転車を手で押して帰宅した夫の記憶がよみがえりました
駐輪場から自宅までの約1キロの距離を千鳥足、しかも動かない自転車を押して…
きっと今回も(>_<)…まったくもってご苦労さん!ご帰還は午前5時近くになるだろうな…

案の定、帰宅したのは午前4時30分
帰宅した夫はコートを着ておらず、おでこには転んで出血したような傷が…
「酔っ払ってすいません」と云いつつ洋服を脱ぎ散らかして布団に入って高いびき…

背広の上着には財布や定期があり貴重品の紛失は無いので一安心
私は…寝るに寝られずに朝刊を取りに外で出ると夫の自転車が無いではありませんか
駐輪場に自転車を戻して歩いて帰って来た?転んで途中で自転車を放棄した?
きっと本人も記憶が飛んでいるだろうから分からないだろうな~
自転車の行方は神のみぞ知る???

酔っ払って寝ている夫を起こしたところで起きないのは実証済み
なので、私は一人で朝食を食べて自分の職場へGO!
夫は目が覚めたら会社へ欠勤の電話連絡をするか
どうしても行かなければならない用事があるなら這ってでも会社へ行くでしょう

仕事を終えて帰宅するとやはり欠勤した夫が居ました
どうやって帰宅したのかも覚えていないほど記憶が抜けているようです
お店に置き忘れたよと連絡のあったコートのポケットには自転車の鍵が入ったまま
肝心の自転車を探そうと夫と二人で駐輪場までの道を歩きましたが何も収穫なし…
自転車が見つかるか、買うかの間まで夫には駅まで徒歩で行って貰います
そんな困った君の夫ですが飲んで暴力を振るう訳でもないし憎めないんですよね~

以前は「会社があるのに何でそんなに飲むの?」など私は夫をなじっていたのですが
云ったからからといって治るものでもないので今はあれこれと云うのを止めました
自分の取った行動で困るのは結局は自分自身と気づくでしょうから自己責任と放っています

それにしても何も覚えていない無意識状態で間違いなく自宅へたどり着く…スゴイと思いますね
あっ、夫は一度だけミスった事があります…
集合住宅で「鍵が開かないよ」と深夜に階下のドアを叩いてその家の住人を起こした過去が…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/413-57c5e727

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん