熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ヒヨドリとスズメの関係

我が家の狭い庭に設置したスズメ用の餌台に私は毎朝小鳥の餌を補充します
餌の補充が終わるやいなや、その餌台に真っ先に降り立つのは一羽のヒヨドリ
スズメ達は…その周辺の小枝に止まりヒヨドリが立ち去るのを待っています
小さな餌台なのでヒヨドリが居る間はその餌台にスズメが降り立つことはありません

ヒヨドリが立ち去ると直ぐに5~6羽のスズメ達が餌台に来ては食べ始めます
…とヒヨドリが「俺の縄張りだぞ」とでも言いたげに上空から舞い戻ってきます
ヒヨドリの大きさには負けるようでスズメ達は餌台から追い出されます
追い出されたスズメ達は近くの小枝に止まってはヒヨドリが立ち去るのを待っています
ヒヨドリは少し餌をついばんではまたそこから離れると
その隙に待っていたスズメ達も舞い戻っては餌を食べ始めます
そんなヒヨドリとスズメのバトルが毎朝のように見られます

本来は野鳥に餌やりは良くないとは思うのですが飢えている姿のスズメは可哀相で…
10年程前までは家の周囲の原っぱで草の種をスズメがついばんでいる姿を良く見かけました
その原っぱが次々と住宅に変わり、道路で何か食べ物は無いかと探しているスズメ達
カラスは住めてもスズメが住めない街は余りに寂しいでしょう…

スポンサーサイト

コメント

今では住宅化が進んで空き地・畑が少なくなってしまいましたね・・・
私の家の辺りも9年位前から空き地に家が立ち並ぶようになってしまいました。
まだ畑も空き地も少しありますが、住宅化が進んでしまうことは寂しいことですね

ヨッシーさん こんにちは。
住宅化が進むにつれて餌場やねぐらの局地化が進み、
糞被害が起きると今度は野鳥を追い出しに掛かる。
人間って勝手な生き物だと思いますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/403-491e0df3

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん