熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

武士道って何?

このところコタツに入って本を読む機会が増えています。
今、岬龍一郎著書「今なぜ武士道か」を読んでいます。

生産階級である「農・工・商」の庶民、直接生産には従事しない支配階級の武士。

武士道は「高い身分に伴う義務」として「正義」と「人としての正しい行い」を中心に
「正しく生きよう」「美しく生きよう」
その理想に一歩でも近づこうと自分を律する為の「武士の心得」として広まったようです。

武士道のもとは戦にて正々堂々と戦おうとの精神から「武人の心得」として誕生したようである。
そこに儒教の教えが加わり「人としての倫」と「正義」を柱にした倫理道徳観、修養精神だったようです。
(簡単に言うと「人には優しく」「正直で」「約束を守る」「考える」「卑怯な事をしない」
「誠意を尽くす」「親孝行する」など)
おそらく儒教だけではなくて仏教・神道・キリスト教など色々な教えがブレンドされているのでしょう。

誰か一人の教えと云う訳ではなくて自然発生的に各地で言い伝えられ、
その思想は寺子屋などを通して武士階級だけではなく一般庶民にも広まっていって
「正直、勇気、恥を知る」「礼儀正しい民族」と云われた日本人気質を生んだのでしょう。

西洋人にはキリスト教の教えがバックボーンにあるのと同様に
日本人には「武士道」の精神がバックボーンにあったのではないでしょうか

今の日本、「正義」より「拝金主義」がまかり通っています。
『武士は食わねど高楊枝』…とまでとはいかないまでも
利に走り過ぎて何でも損得勘定で動く「ならずもの国民」にはなりたくないものです。

「武士は庶民の手本となるように秩序を守りぬくこそ本分なり」(山鹿語録)を
私利私欲しか考えていない今の政治家にぜひとも伝えたい!
スポンサーサイト

コメント

こんちはです。
賛成です。
新渡戸稲造の「武士道」に詳しいです。
素朴な正直者が原日本人だったように思います。

tunehusaさん こんにちは。
>新渡戸稲造の「武士道」に詳しいです。
原本は英語で書かれているようですね。
武士道に関する本は女には少々読みにくいです(^_^;)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/384-637c0e33

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん