熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

思春期の女の子と父親

娘が父親を殺す家庭内殺人の悲劇が起きてしまいました。
第二反抗期の出る時期が遅れているのでしょうか。
小学校高学年から中学生だった第二反抗期の出る時期。
今は高校生から社会人の年齢になって起きているように思うのです。
体力は大人だし、斧で人を殺すなどの情報知識は持ちあわせていますが
行動を起こした後の自分の人生、周囲の人たちの事を考えられない幼さ。
子供の社会性が育っていなくて精神的にとても幼いなと感じてしまいます。
思春期には男女関係なく大人の醜さが目に付くものだと思います。
私自身も中学生の頃には父親の逃げの姿勢が嫌いになったことがあります。
でも、自分が社会人になると父親がいかに家族を守ってくれていたかに気が付きます。
この女の子ももう少し年齢を重ねていたらこんな犯行を起こさなくてもすんだのに…
どんな家庭だったのか分かりませんがそんな風に思えてなりません。

思春期の女の子は父親を嫌いになる一時期があるようです。
家でゴロゴロしている父を疎ましく思ったり
父親の外面と内面のギャップにずるさを見てはがっかりしたり
水商売の営業電話に浮気をしているのではないかと疑ったり
外で飲んで帰って来た父を“勝手なことばかりしていて…”
仕事をしている父親の姿を見ていないと父親の大変さが見えてこないのです。
毎日母親の後ろ姿を見ているのでどうしても母親びいきになってしまいます。
ゴロゴロしているのは仕事で疲れているのだな~
外面が良くないと仕事で差し支えるものな~
お店への招待電話にニヤニヤするのは男として当たり前~
外で飲むのも楽しい事ばかりじゃ無いんだな~
…と家族を守ってくれている父親の大変さに気づくのは結婚する年頃かな…

その後の調査では父親の女性関係で父親に憎しみを持ったらしい。
思春期の娘は潔癖なので女房より怖い存在ですよ、殿方。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/337-cf5b1ac0

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん