熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

昔のコガネムシ…それはゴキブリ

とっとのケージ周りには餌の飛び散り予防の為に新聞紙を敷いています。
夜、この新聞紙の交換をしようとしたら、鳥の餌を狙っていたのか
大きなゴキブリが新聞紙の下から現れました。
とっとを殺虫剤が掛からない場所へ隔離してから、ゴキブリに
蚊・ハエ用殺虫剤を掛けて動きの鈍くなったゴキに台所洗剤をかけて天国へ…
家ではとっとを放し飼いにしているのでゴキブリホイホイも毒団子も置いていません。

子蜘蛛などを発見すると追いかけては食べてしまうとっとですが
ゴキブリを見たらどんな反応をするのでしょうか…
ゴキブリの速さに追いつけない?大きさにビビッてしまう?食べる?
どんな反応をするのか見たい気もしますが…
ゴキブリが苦手な私は何とか早く仕留めたいのです。
部屋に逃げたゴキブリが居ると思うと…ぞっとしますから。

考えて見るとゴキブリも可哀相な面がありますね。
家の中を活動の場に選んでしまったばかりに
色々な殺虫剤を開発されホウ酸団子の毒饅頭を食べさせられる。
森の中が活動の場ならこれほど人間に嫌われなくてもすむものを…。

♪黄金虫は 金持ちだ
金蔵(かねぐら)建(た)てた 蔵建てた
飴屋(あめや)で水飴 買って来た♪
ゴキブリは明治時代、近代的な台所にしかあらわれない所から
別名「コガネムシ」と呼ばれていたそうです。 
http://www.palnetwork.com/chie/syoku/1998/syo8-1.html
スポンサーサイト

コメント

お久し振りです。我が家のモモタロウがゴキブリの赤ちゃんを食べる所を何度も見た事が有りますが、何だか口に合わないみたいです。大概吐き出して、床に敷いてあるカーペットで嘴を一生懸命拭いていました。その他に蜘蛛や蚊や正体不明の小さな蚊のような虫も食べていますが、やはり一番好きなのは蜘蛛のようです。

ウズラちゃん こんにちは。
モモタロウ君、ゴキブリを食べた事があるのですか(@_@;)
>何だか口に合わないみたいです
ちょっとほっとします。
ゴキブリを美味しそうに食べる姿…
見たくないのが本音です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/299-0b17f9ad

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん