熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

折り紙 連鶴

最近のマイブームは折り紙。連鶴を折りました。
DSCN0236.jpg
この折り方は↓です。
http://www.origami-club.com/mukasikara/renzuru/index.htm
連鶴は一枚の紙に切り込みを入れてつなげて折るというものです。
親鶴一羽と子鶴九十六羽合計97の鶴を折る「百鶴」
鶴の折り方はそんなに難しくはありませんがつなぎの部分を
切らないように折りあげるのは相当の時間と根気が必要でしょうね。
私には到底出来そうにありません(>_<)
数の多い連鶴を折る時には和紙の方が切れにくいので良いようです。

桑名の長円寺の住職である義道(号は魯縞庵)が工夫したつなぎ折りを元にして
1797年、49種類の「秘伝千羽鶴折形」が京都で出版されたとの事。
こんな古い時代からある「折り紙」の技術。
丈夫な和紙があってこその折り紙。
どちらも世界に自慢出来る技術だと思いますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/274-ec67e573

折形折形(おりかた)は、日本の礼儀作法の1つで、贈答品を包む紙の折り方に関する礼儀作法である。平安時代より贈答をする際には進物を紙で包むよううになり、赤飯に添えるごま塩包み、香包み、金包み、扇包み、のし包みなど、それぞれの紙の折り方が決められていた。吉事

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん