熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

警報ボタンを押してしまった思い出

ふと思い出した恥ずかしい思い出があります、今日はその話を。

もう20年以上も前になります。
某銀行の窓口の横にあったATMの機械。
通帳を入れたらどうやら中で詰まってしまった様子です。
係員を呼ぼうにも傍に銀行員がいませんでした。
仕方がないので係員を呼ぶボタンを…。
今は係員を呼ぶ受話器が付いているATMですが
当時はボタンを押すタイプだったのです。
ボタンが二つ。白いボタンとその上に赤いボタン。
そそっかしい私は何のためらいも無くその赤いボタンを押しました…

銀行中に「ジーンジーン」と大音響の警報音が鳴り響きました。
その赤いボタンは警報ボタンだったのです(>_<)
銀行の中にいた人もビックリしたでしょうけれど
一番ビックリしたのは私自身です。
「すみません、間違えて押しました」と大声で叫びました。
直ぐ警報サイレンは消えました。
家に着くと確かに通帳は手元にあるのですがどうやって返して貰ったのか
その辺の記憶は緊張と恥ずかしさで定かではありません。
後で聞いたところでは警報ボタンを押すとは警察まで届くそうで…
銀行や警察の皆様にはご迷惑をお掛けしましたm(__)m

その後、しばらくは中々その店舗に行くのがイヤで
遠くの店舗まで足を運んでいました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/156-5e6f6454

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん