熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

寄生虫博士 藤田紘一郎さん

読売新聞日曜版「不屈のひみつ」に登場の藤田紘一郎さん。
寄生虫博士…と云ったら分かってもらえるかしら。
私はこの方のファンです…と云うか似た考え方をする人だな~と。
清潔思考が高まる中、自らの腹の中に寄生虫を住まわせながら
「寄生虫はアレルギーを抑制する」と学説を唱えている人です。

さすがにお腹の中に寄生虫を飼う事はためらわれますし、
アレルギー体質の増加は寄生虫が人の体に居なくなっただけでは無く、
化学物質に晒されているも原因の一つだと私は思っていますが…。
行き過ぎた清潔志向に警鐘を鳴らしているのには私も同感の思いです。
最近話題のノロウイルス。ウイルスが悪いのではなくて
何処にでも居る菌に抵抗力が弱くなったのは人間の方でしょう。

「寄生虫博士」人物も魅力的です。
論文を無視され企業からの寄付も無なったりで研究も大変なご様子。
孤立に負けない3か条なるものが紹介されていました。

1、自分に正直に
寄生虫の研究をして良いのかと悩んだ時期もあったが、たとえ損得勘定では
損だとしても、自分がやりたいことをしなければ、結局は続かない。
2、運命には従う
研究分野も勤めた大学も、自分で選んだというより、声を掛けてくれたところに
世話になった。目の前にやってきた機会が大事。
3、誰かを喜ばせる
たとえ大学や学会に評価されなくても、どこかに喜んでくれる人が居れば良い。
 
応援していますよ~、藤田紘一郎さん。
詳しくお読みになりたい方はhttp://job.yomiuri.co.jp/interview/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/153-cbe48274

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん