熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

総裏仕上げのセパレート着物(下半身部分)の作り方

セパレート着物の下半身の作り方です。
用意するのは表地(型紙通りの大きさ)1枚、裏地(V字縫い代を畳んだ大きさ)1枚

型紙は→ 2016/11/20の記事 で。
上半身の作り方は 総裏仕上げのセパレート着物(上半身部分)の作り方 で。

5本の縫い代を畳んで縫います。縫い代は中央は左?右?へ。他は外側に倒してアイロンを掛けます。
16b325.jpg

畳んだ大きさの裏地を用意して、中表に合わせて裾を縫います。
裏地側に倒してアイロンを当て、表地より裏地を少し出すようにします。
(一つ下の画像の裾は表側にアイロンを当ててますね、・・・時々どっち側に倒すのか分からなくなってしまいます(^_^;))
洋服では裏地を控えるのが普通ですけれど、和服は裾裏をチラッと見せるのが粋…という感性。
16b326.jpg

次に横を縫います。
裏地を2ミリ(5ミリでも良いかも)ほど出し、表地の2ミリほど外側を縫います。
縫い代が5ミリだと外側から3ミリの部分を縫う(左右)
表側に倒してアイロンを当て、裏地を控えるようにします。横は表地から裏地を見せません。
平面ではきれいに縫えても、人形に着せた時に内周と外周の違いで裏地が表地から出てしまう事があります。
そんな時は裏地の後ろ中心線部分を少しつまんで裾近くへ縫うと落ち着きます。
16b327.jpg

裾からは裏地がチラッと見え、横の裏地は控えるようにします。
16b329.jpg
16b328.jpg

切りっぱなしの上をほつれ処理したら下半身は完成です。
16b330.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/1182-9633d777

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん