熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

気が付けば10年

このブログを始めて10年が経ちました。
面白い話題も無く文章力も無い私のブログがこんなに長く続くとは私自身がビックリ!
今日はブログのきっかけになったうずらの話題を。
うずらにも「カンムリウズラ」とか「姫ウズラ」の種類がありますが、うずらの卵の親鳥が並うずらです。

一般的な並うずらは↓(知人のうずらを預かった時の画像)
16b212.jpg

私のネットデビュー、デジカメデビューのきっかけになったのが雄の白うずらの「ピー」、夜店出身です。
今は禁止されていますが、以前は夜店で「ペットくじ」と称してヒヨコなどの生体も売られていたんですよ。
「パンダクイナ」「青島鳥」として売られていた黄色い小さなヒヨコが白うずらの「ピー」でした。
16b211.jpg

テトテトと部屋を歩く姿とこの寝姿に魅せられました(^^♪
雛から飼うと人間にべた慣れうずらになりますが、その分、踏みつけ事故等も起こりやすくなります。
「ピー」も踏みつけ事故で片目の視力を失いましたが、7歳半の生涯を閉じるまで我が家のアイドルでした。
16b210.jpg

「ピー」亡き後、この仔を里子に迎えてからこのブログがスタートしました。
名古屋出身でオスの並うずらの色変り種で名前は「トット」
16b208.jpg

この仔もファンヒーターの前に陣取って足を伸ばしてくつろいでいます。
時には翼も伸ばして・・・風を受けて空を飛んでいるつもりになっている…のかも。
16b209.jpg
「トット」は6歳2ヶ月で永眠。
鳥ブログが今や猫ブログになりました。 
人生何が起こるのか分からないから楽しいのかも知れませんね(^^♪
スポンサーサイト

コメント

ブログ開設10周年おめでとうございます。周りに流されずに自分の書きたいことやりたい事を記事にするのが長続きの秘訣の様ですね。

私の紋次郎ブログを始めた時期の半年前位だろうと思います、紋次郎ブログは周りの拘りの強いおじさんファンがうるさくて、続けるのが大変でしたよ・・・(笑)

前回の記事にコメントを書いたんですが、同じような事を以前書いてた様で、セキュリティにはじかれました~残念。

そうそう、先日より体調を気遣って頂き有難うございました。やはり大雪の日から悪いまんまで、寝たきりにならないように毎日筋トレ体操は欠かせません。KUPOさんもお元気で、ミミちゃんと穏やかな日々をお過ごしくださいね。

チャー坊さん コメントありがとうございます。

>セキュリティにはじかれました
それは申し訳ない事をしました。
セキュリティの設定はしていないんですけれどね~、不思議。

余り周囲に気を使わない事が長続きの秘訣のような気がします。
今やこのブログは私の日記みたいになっていますね~。
いつまで続けられるか分かりませんが、書ける気力がある内は
続けようと思っています。

このブログを始めた10年前から膝の関節炎になっています。
何度か水を抜いたりもしましたが、杖を使わずに歩けるのは
筋トレ体操のおかげだと思っています。
関節炎の進行を遅らせるには、無理をしない程度に動かすのが
一番のようです。
これから暑くなると体操するのも面倒になっちゃうんですけれどね。
お互いに関節炎の進行を遅らせるように頑張りましょう。

おひさ、農業日記です

久しぶりに復活しました
長いものですね、気がつけば10年ですか
当方、おじいちゃんになりました。

tunehusaさん お久しぶりです。

コメントありがとうございます。
10年ひと昔って言いますがホ~ント長いような短いような。
スマホやタブレットの時代、未だにパソコンにしがみついております。
tunehusaさんのブログも確か同じ年のスタートではありませんか?
後でお邪魔しますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/1152-e662680c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん