熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ミミ日記2016-4

年明けにくしゃみをしていたので風邪の菌が膀胱に入ったのかも?って心配になって病院へ連れて行きました。
処方してもらった抗生剤が効いたのか頻尿も収まり、いつもの日常に落ち着いたミミです。

ネット検索すると、猫の膀胱炎は細菌によるものは少なくて原因不明の特発性膀胱炎が多いそうです。
寒い時期は水を飲まないので猫の膀胱炎が増える時期らしい、ミミも特発性膀胱炎だったのかしら。
そして、特発性膀胱炎の多くは尿石によるものが多いとか。

血液がアルカリ性に傾くとストルバイト尿石が出来易く、酸性に傾くと シュウ酸カルシウム尿石が出来易くなるそうです。
ミミの場合はドライフードをだらだら食いしているので、ストルバイト尿石が出来易いのだろうな。

病院の先生からは「抗生剤が無くなったら、採尿して尿を持ってきてくださいね」って言われています。
とりあえずは検査を受けて見ようと思っています、しかし、なかなか採尿が出来ません(>_<)

尿検査でストルバイト尿石が発見されたら、石を溶かす処方食と維持食とでpHコントロールをするようにと言われる事でしょう。
処方食は水を飲ませる目的で塩分が強めなのだそうです。そして、美味しくないんだとか…。
12歳の高齢のミミの習慣をガラリと変えるような治療方法を望みませんので、病院の先生と相談したいと思っています。
基本的な考え方としては、まず水分摂取量 を多くして尿を薄めることです。・・・だそうです。
ウエットフードを好まないミミなので、ぬるま湯にしたり、スープを用意したり・・・砂掛けで却下される事多し(T_T)

「水分を沢山取らないといけないのよ。ミミ、聞いてる~?」
16b007.jpg

そして・・・カミカミ (=^・・^=) のミミのストレスのはけ口はもっぱら私の腕です(>_<)
ゴリゴリする筋の所を選んで噛みついては歯形を残し、気が済んだ後はチュッチュッと吸うんです、子猫のように。
16b009.jpg

オマケの一枚。
口に毛布をくわえて吸い、足はふみふみしています、恍惚状態で目がイッちゃっています(=^・・^=)
16b008.jpg
スポンサーサイト

コメント

ミミちゃん元気になってね!

kaori*** さん コメントありがとうございます。

ご心配をお掛けした膀胱炎はすっかり良くなりました。
急に寒くなったり厚くなったりと寒暖の差が激しかったので、一時的に体調を壊したものと思われます。
後日行った尿検査では異常が見当たらずホッとしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/1113-d0b451e0

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん