熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

バービー服 巫女袴(3本ひだ)の練習

色々と忙しくて更新が滞っております…が、チマチマと手作業は続けています(^^ゞ

巫女袴を作るつもりが…いろんな色の布を見ている内に脱線(>_<)
半身色違いの着物と袴を作ろうか…でも、袴を作っている時点で「これじゃピエロの衣装?!」・・・で、止めました。
赤と緑のクリスマスカラーなので何かに使いたいと思います。
袴のパターンは→ バービー服 女学生スタイル の後ろ3本ひだの型紙を前後で使います。
袴の縫い方は→ バービー服 女袴 で。
15b268.jpg
スカート状の女袴(行灯袴)にする場合は中心線を上から下までを縫います。
ズボン状の男袴にする場合は中心線の途中で縫い止め、左右に振り分けてズボンのように縫います。
15b269.jpg
出来た袴。
15b271-1.jpg
女袴のひだを広げた状態。
15b272-1.jpg
↓は女袴のすそから見たひだの状態です。
15b275.jpg
こちらは男袴のひだを広げた状態。
15b273.jpg
そして、男袴のすそから見たひだの状態です。
15b274.jpg
「お母さん、なんかまた変な事考えてるにゃ~」
15b270.jpg

スポンサーサイト

コメント

「陰陽師」女舞の巫女衣装

こんにちわ。

赤と緑にしたのは見てる方が分かり易い様になんですよね。KUPOさんの探究心やサービス精神に頭が下がります。それにツルツルの生地なのにしっかりヒダの形が取れてるのは流石!

「陰陽師」女舞の巫女衣装を作る材料を揃え作りたいと考えてたので本当に参考になりました。有難うございます~。

チャー坊さん コメントありがとうございます。

↓の赤・黒のを作ろうとした訳ですが、布が足りなくて…。
http://www.samue.co.jp/isyou/event/hanmitigai/hanmitigai.html
何もサービス精神からでは無いですよ(^0_0^)
布は裏地のような薄い布地です。

只今、千早の上着になるような布を100均で物色中。
巫女袴は木綿地で作るつもりでいます。
チャー坊さんも巫女衣装を作られるのですね、完成を楽しみにしています。

同じ時期に同じような物を作りたくなるなんて不思議~。私は「陰陽師」の萬斎さんの女舞を見てからなんですが、あれは烏帽子や冠でもなく榊の冠でした。羽生君のFPで使用され、近日ソニーから「陰陽師」のサントラ2枚組が再発売になるそうで、動画は軒並み削除されてしまってます。

袴の雑学で面白いサイトを見つけました。KUPOさんは何でも詳しいんでもうご存知かもしれませんんが。

「男のきもの大全」の中の「きものを楽しむ雑学コラム」
http://www.kimono-taizen.com/why.html
ここの「 袴でトイレはどうするの? 」が面白かった~。

NHKの江戸城SPでは、小の場合は竹筒様の尿瓶を足元から差し込んで用を足すって話でした。やはり、和装は大変なんですね。

チャー坊さん おはようございます。

このサイトは知りませんでした、ご紹介ありがとうございます。
「袴でトイレはどうするの? 」確かに気になりますよね~。
以前、神主さんが書かれた本?ブログ?で昔の袴には股の部分に仕掛けが有って、袴を付けたまま正座に近い恰好で用を足せたそうです。
祭りの時に着用する股引(股部分が左右の重なりで構成されている)に近いのかな~って勝手に想像してますが…。

神主・巫女の袴の脇開きが深いのは正座した際に脇開きから手を入れて着物・袴の乱れを正す為だそうです。
着用にこんなに長い開きは要らないだろうと思っていたのですが、理由が有っての事だとガッテンしました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/1099-73f6870e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん