熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

バービー服 リバーシブルコート

表と裏のどちらでも着られるコートを作りました。
こちらはピンクのコート。
15b258.jpg
そして裏返してパープルのコート。
袖口と襟に裏色が出るようにしたのですが、襟は表色の方が良かったかも。
また、スナップ留めやブラホック留めにすると金具が見えてしまうので羽織るだけにしました。
15b257.jpg

↓のような前後身頃と袖が一体になった型紙を使いました。ボア地のコートはこんな型紙が多いです。
この型紙は縫う部分が少なくて楽なのですが、開きのある方の身頃がバイアスになるので伸びちゃうんです。
伸び止めのテープを張ったり、ミシン掛けの時には下に紙を敷いたりして伸びないように注意する必要があります。
前身頃に布目を通すように布を裁つ方法も有りますけれど…(背中心をバイヤスにする、背中心で縫い合わせるなど)
15b249.jpg
前後身頃・袖が分かれている一般的な型紙を使う場合は、肩を接ぎ袖を付けた状態の表と裏を用意します。
15b250.jpg
襟を中表に付けます。(表・裏別々に)↓は表に裏色の襟を付けたかったので同色で付けていますが、
表に表の色を出す場合は裏の色(ピンクの身頃に紫の襟)を付けます。縫い代に切り込みを入れます。
15b251.jpg
表と裏を中表に合わせて袖口を縫います。(左右)
15b252.jpg
縫った袖口が中央になるように置き、表裾→表脇→袖口→裏脇→裏裾と縫います。
重なっていて見えませんがもう片方も同様に縫います。縫い終わったら脇部分の縫い代に切り込みを入れます。
15b253.jpg
後は表と裏を中表に合わせて外周を一周するように縫えば良いのですが、
つながった袖を避けながら縫うのは面倒なので襟部分を先に縫います。こちらも縫い代に切り込みを入れます。
15b254.jpg
次につながった袖を縫い終わった襟部分に追いやって、裾に引き出し口分を縫い残して外周を縫います。
縫い終わったら、引き出し口から中身を引っ張り出します。
15b255-1.jpg
左右の長さや襟の状態をチェックして、良ければ引き出し口を閉じます。(私は手縫いでくけました)
※くける…表側に縫い目が出ないように内側をコの字のように縫う事、ぬいぐるみを閉じる時に使われます。
外周をミシンステッチで押さえるならその時に閉じても良いと思います。
見せ掛けのボタン(スパンコール)を付けて完成です。袖は折り返したいので長めにしています。
15b256.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/1095-9f9d05a6

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん