熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ミミ日記2015-31 老前整理

シルバーウィークが過ぎ、窓からの風が気持ちが良い今日この頃、ぼちぼちと老前整理を始めています(^_^;)
まだ早い?いいえ、足腰が弱くなってくると高い所の出し入れは無理になりますから、
まだ足腰が衰える前、気力がある内に、家の中の片付けを少しづつ進めるつもりです。

「また模様替えするの?いい迷惑なんだけどにゃ」 「大丈夫よ、ミミの物には手を出さないから」
15b226.jpg 
  
手始めに押入れの上の天袋など高い所に収納している物を下ろして・・・と。
必要な物は押入れに収納するようにして、残りは処分しました。
非常時のために毛布類と食料はストックを残しておかなくてはいけないとは思いますけれど…。

だいたい天袋に納めているのは使う頻度が少ない物なので処分しやすいんです。
箱入りのタオルだって年数が経っていれば色褪せやシミで使い物にならないのは実家で実証済みだし、
高級なグラスも後生大切にと取って置いて結局は処分する事になるなら、普段使いにした方がましだと思うんですよ。
「そのうちに使うかも」と取って置いたマドレーヌの型やタッパーなども、結局は使われないまま…で、処分しました。
処分する上で一番悩むのは子供達の作品などでしょうね。
これも成人した本人が、「欲しい」っていったら本人に渡す、「イラナイ」って言ったら処分しました。
そんなこんなで天袋と台所の上の棚の中身を「断捨離」・・・スッキリと空にしました(^^♪

貯蔵品の整理もですが、保険証書などもまとめて、家族がどこに有るのかを分かるようにしておく事がとても大切。
奥さんが急死して、「何がどこに有るのかが分からなくてとても困った」と聞いた事がありますから…。
心不全や脳梗塞など、いつわが身に起こるかも知れない年代なので、このぐらいは考えておかなくちゃね。

「そうよ、私のご飯の補充や猫砂のストック場所も忘れずに伝えておいてニャ」
15b227.jpg

そして、高齢になると自分で仕舞った場所を忘れるなどして、「探し物」が多くなります。
探して見つからないとまた同じ物を買ったり…どんどん物が増えていくパターン…実家の母もそうでした。
そうなる前に持ち物の数を減らし、良く使う物は見える場所にある…そんな収納に慣れておこうと思ったのです。

夫自身の持ち物は夫に任せ、趣味関係の物は後回し、そして、古いアルバムなどは残しておくつもりです。
お互い認知症に気を付けなければいけない年齢なので、懐かしい古い記憶を呼び戻すのが予防だったり…(^^ゞ
スポンサーサイト

コメント

老いゆく前に

こんにちわ。

台風の影響か日中は少し暑さが戻ってきました。先の台風で風速71mに驚いてたのに、81mなんて台風が行き過ぎる間ずっと竜巻の中にいる様な感じなんでしょう。被害に合われた方には申し訳ないんですが、九州直撃でなくて良かったと思わずにはいられませんでした。

宇宙旅行が出来る科学の発達した今でも、台風一つで大災害になるなんて、どうにか海上で消滅させる技術が出来ないかと思います。

老前整理・・・そうなんですよ、足腰や頭の回転、やる気がなくならないうちに断舎利と整理整頓ですよね。最近バイクを運転してて信号を見て判断力が落ちたな~と痛切しました。見てるようで見てない、相手側の信号を自分側と勘違いするなどです。

>趣味関係の物は後回し
に同意です。

チャー坊さん コメントありがとうございます。

>海上で消滅させる技術
ホント、それが出来たら良いでしょうね。

>判断力が落ちたな~と
そうそう、脳から各パーツに伝達する時間が掛かるのを実感しています。
パパッと動けない、計算に時間が掛かる…などなど。
スローモーションで動いている感じ…そのスピードになれちゃうから、年を取るにしたがい時間が進むのが早く感じるのかしらね。

ニュースで流れる「道路の逆走」…認知症の方だけじゃなく、「勘違い」もあるんでしょうね。
年を取ったら知らない道は走らない方が良いようです(~_~;)

「好きだったけれど出来なくなった趣味」用品もだいぶ整理したんですよ。
老化による体力低下や金銭的都合であきらめなくてはいけない趣味が出てきます、これはしょうがないですね。
水着なども処分、腱鞘炎になってからは楽譜や毛糸も手放しました。
人形服作りは続けたいので布類はバッチリ残っているし、折り紙類も在庫があります(^0_0^)
片付けが一段落したら人形服作りを再開しようと思っています(^^♪

同じく

私も時間と気力がある時に少しずつ、あちこちの整理を
するようにしています。
天袋の頂きものなどは大分片づけましたが、
まだそれ以外のものがかなりの分量が残っています。

今回、着物を全部出したので、息子の結婚式が終わったら、
仕分けして絹物以外の普段着の着物は処分しようと思っています。
でも着ないと分かっていても捨てられませんねえ。
勿論毛糸も折り紙もビーズも趣味の物は手つかず、、

みににっとさん こんにちは。

着物も悩ましい物の一つですね。
嫁入りに持たせてくれたなどの思い出や、高価な着物などは処分する決断が要りますものね~(^_^;)
以前に絹物をリサイクルショップに持っていった所、受け付けてくれませんでした。帯2本で数千円だったかしら。
なので、解いてパジャマや部屋着に仕立てて着ています。
シルクの部屋着を着て気持ちはセレブ(^^♪
色落ちするので洗濯は別洗いですが…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/1088-8d202752

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん