熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ミミ日記2015-23 ラブの思い出

昨年の8月15日に猫のラブが永眠(推定8歳)。あれから一年。
生まれてまもなく家猫になったミミ(実家の飼い犬が猫を連れ帰った)と違って、野良猫として育ったラブ。

危険な道路も近くには無く、広い原っぱもあり、猫たちの集会が出来る場所もあり、近所のお年寄りたちからご飯を貰い、
雪の季節には家に入れてもらったり小屋を用意して貰ったり・・・恵まれた野良猫ライフを送っていたようです。
母がラブに去勢手術を受けさせ、そして家猫にしたようです。…とは言っても、外へは自由に出入りしていたみたい。

猫の面倒を見ていた母が亡くなった事で、事情が変わり、2013年の春にミミと一緒に我が家にお迎えしました。
ご近所さんから「この仔は長生きは出来ないよ」と、言われつつも北海道から連れ帰りました。
なでなでが大好きで「ニャ~ン」「ニャ~~ン」と、良くおしゃべりをするラブでした。
自由で気ままなな半家猫・半野良猫環境から一転、蒸し暑い関東の外歩きも出来ない環境…
ラブにとっては「軟禁状態」に近かったのかも。「お家に帰りた~い」と聞こえていた遠吠えのような「ニャォ~~ン」
そんなラブと一緒にいられたのは1年と4ヶ月…母が愛したラブを最後まで見とどける事が出来ました。
一緒だった1年と4ヶ月間…精一杯の愛情を注ぎ、ラブもまた可愛がられているのが分かったようです。
この家に来てくれてありがとう、一緒の時間はとても楽しかったよ。
15b207.jpg
「この世から猫神様のいるあの世へ」ラブを見送った時、「これで大好きな場所へ帰れるね」っていう安堵感でした。
故郷の原っぱで寝転んでいるのかな?それとも、猫神様からお呼びが掛かってもうこの世に誕生したのかしら?

都会では室内飼いが当たり前になっていますが、のどかな地域では家と外を自由に出入りしている猫も多いでしょう。
床下をねぐらにして、ねずみや雀を取り、残飯を食べる。少し前まではそれが当たり前の自然な猫の姿でした。
食事に不自由する事がない安全な軟禁状態の「室内猫」、狩りの喜びを感じる事が出来る自然な「野良猫」、
車の多い都会では野良としては到底生きていけないでしょうけれど、猫はどちらの生き方が幸せなのでしょう…。
スポンサーサイト

コメント

猫語を話せぬ哀れな人間ですので、本当のところは解りません。。。
そもそも自由と安全が、どちらかしか手に入れられない事が淋しいですよね。
でも、一つだけ解るのです。
どの子もきっと、愛される為、愛する為に生まれたのです。。。
風を愛し、光を愛し、仲間を愛し、命を愛し、、、
それらに愛される。
例えその生が、哀れな人の目には悲しみにしか見えなくても、生きる事を誇るのだと思うのです。

かーさんね、そんな命に少しだけ関われる事が嬉しい。
お日様や風や木々ほど大きくもなく、ちっぽけな独り善がりでしかなくても嬉しいのです。
難しい事も大きな事も出来ませんが、たった一つだけ胸を張れますもん。
「ワタシは君達に出会えて幸せだ!」
少なくとも我が家の毛玉達は、いい仕事したぞ!*\(^o^)/*

八朔かーさん こんにちは。

考えてみればラブの新盆なんです。
普通はお盆なので「お帰り~」なんですね(^^♪

「皆お帰り~」ってお迎えしたなら、我が家はすごい事に。
ウズラやハムスターが床を駆け、すずめは部屋を飛びまわり、それをラブが追い掛け回して、そのラブを犬が追いかけている…なんちゃって(@_@)

例え一緒にいる時間が短くたって、「ワタシは君達に出会えて幸せだ!」 …この一言に尽きますね。
ラブに「おいで~」と呼ぶとそばに来てゴロンと横になって「なでて~」と…楽しい思い出は私の心の中にしっかりと刻まれています。
一緒に居た間は私なりにたっぷりと愛情を掛けました(^^ゞ

他の人々とは違う感覚かも知れませんが、縁あってめぐり合えた動物は「神様からお預かりしている命」だと思っています。
なので、お別れは辛いけれども「無事にあの世にお帰しします」…な感覚なんです。
どんな小さな命でも、人間に食べられる為に生まれて来た動物だって「この世に生まれて良かった、楽しい一生だった」と思えるよな命の終わり方をして欲しいなと思っています。
お別れの時は「○○してあげられなくてごめんね」…と後ろ髪を引かれるようなお別れじゃなくて、
「一緒にいて楽しかったよ、今度また会おうね。」と前向きに旅立てるように見送るようにしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/1078-cabab70e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん