熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

安全保障関連法案

安倍談話の原案には、村山談話や小泉談話に盛り込まれたアジア諸国への「おわび」の文言が入っていないことが分かり、
公明党は、おわびの気持ちを伝えるとともに、「侵略」という文言も明確に位置づけるよう注文を付けたそうです。
意見を聞く振りだけはするけれど、自分の考えを押し通す安倍首相・・・どんな安倍談話になるのやら・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《「安全保障関連法案」を推進する安倍首相の言葉》

「『安倍は生意気だ」と私を殴ろうとする不良がいる。
すると麻生(麻生太郎財務相)という友だちが『おれはケンカが強いから守ってやる』と言って一緒に家に帰ってくれた。
そこに3人くらいの不良が出てきて、前を歩いていた麻生さんに殴りかかった。3対1だから私も麻生さんと一緒に対応する。
これが今回日本が行使しようとしている集団的自衛権だ」

「アメリカ家の母屋」が火事になって、「アメリカ家のはなれ」にも火が燃え移ったとき、そのまま放っておいたのでは
日本家にも燃え移るので、「アメリカ家のはなれ」の消火活動を日本も手伝う必要がある、という話。

・・・こんなピント外れな例え話に国民は納得するとでも思っていたのでしょうね安倍首相は。
一国民の私ですが、この例え話にとても馬鹿にされた気持ちを持ったのは私だけ?
難しい事は分かりませんが、「安全保障関連法案」が本当に必要だと考えているならもっと的確な説明があるでしょう。
単に「戦争を未然に防ぐためのものだ」だけの言葉でこの法案を通すのは乱暴だとしか思えません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《「安全保障関連法案」に慎重な人の言葉》

「オレは好戦的な発想は好きではありません。最近、中国や韓国との関係がギクシャクしてからの、
相手の攻撃的な言動により攻撃的な態度で返しているような人たちを見ていてそう思います。
向こうが高圧的に来ても、受け流しておけばいいんですよ。
その間に、歴史や法律を勉強したり、戦争をしなくてもすむ仕組みを調べたりするほうがいいんです」
「国同士だとちょっとした『憎しみ』が戦争につながるんですから、その連鎖を早い段階で断ち切ることが大切。
それができるのは「弱さ」を武器にすることだと思うんです」

集団的自衛権問題では…「正直、難しいことはよく分かりませんが、報復されるだけなんじゃないですか。
『集団』っていう響きも嫌いですね。集団では個人の自由がなくなり、リーダーの命令を聞かないとたたかれる。
自分で正しい判断ができなくなるでしょ」と批判したし、「ここ最近の右翼的な動きは、とても怖い気がします。
安倍首相は、おそらく中国と韓国を頭に入れた上で、それ(集団的自衛権)を通そうとしているのでしょうけれど、
僕はたとえどんな理由であれ、戦争は絶対にやってはいけないものだと強く思っています」と。
以上、ニュースソースは  武藤は蛭子さんの反戦論を聞け から。

「首相は世界中を駆け回って「日本は積極的平和主義なんだ」と言う。「武装した自衛隊を手伝いに行かせますよ」と言う。
これは積極的平和主義なのか。私は違うと思う。 日本の平和主義の象徴は非核三原則や武器輸出三原則だ。
こういうものが平和主義だ。その元締が憲法9条ではないか。「やればできるけれども俺たちはしないよ」というものだ。

核兵器だって技術、カネで作ろうと言えばつくれるという人もいっぱいいる。そうかもしれない。
武器だって売ればどんどんもうかる。だけどやらない。それが日本の平和主義のブランドを作ってきた。 
そのブランドをなぜ脱ぐのか。それが日本の安全に良いという主張は私にはまったく理解できない。

積極的平和主義が正しいやり方だと思わない。あっという間に武器輸出も大幅に緩和された。
武器輸出についてはもう日本は「普通の国」になった。
日本は平和な国だというブランドをどうして捨ててしまうのだろう、と思えて仕方がない。」
こちらのニュースソースは 河野氏、安保法案「議論しても意味ない」 撤回求める から。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
理路整然と自分の意見を述べているのはいったいどちらでしょう・・・
こちら→いまさら聞けない安保法案 で安保法案(通称:戦争法案)をやさしく解説してくれています。
スポンサーサイト

コメント

残暑お見舞い申し上げます。こちらは日中は暑いんですが朝晩は幾分か過ごし易くなってきました。

MIXIの疥癬ダニにかかったワンちゃんのニュースから亡き愛犬二匹を思い出し、お盆に化けて出て来ないかな~と(笑)

私は中国の軍拡や海洋進出から「安保関連法案」は仕方ないかなと考えてるんですが、今日の川内原発の再稼働は絶対に許せませんし理解できません。原発の必要性を感じないし、将来の事を考えると不安ばかり。福島の事故処理も今後どうなるのか分からず核廃棄物の最終処分場も決まってないのに、無責任すぎます。火山活動の活発化で事故が起きるのではと不安も。

今回の再稼働では東京都知事選で原発反対を前面に出して活動してた小泉元総理の顔が見えないのが残念。もっと声を上げてほしい。

チャー坊さん こんにちは。

毎日暑いですね。
お盆になると見送った人たちや動物などが思い出されるのは日本人のDNAなのでしょうか。
オバケでも良いから会いたいものです(^^ゞ

>核廃棄物の最終処分場も決まってないのに、無責任すぎます。
ホント、都合の悪い事はなかった事にする無責任体質そのもの。
先の東日本大震災に伴う「計画停電」で、永田町を守る為には地方や一部の国民にはセーフティネットになってもらう…政府の考えは身にしみてます。

「安保関連法案」については賛否両論があって当然です。
首相が推し進める「安保関連法案」の具体的な説明があって、討論を重ねて、それから決めるべきものでしょう。
それが、先に「この法案を通します」…的な手順には納得が出来ないですね。

この件で平和ボケと言われても政治に無関心だった若い人々が、
政治に関心を持つようになったのは安倍首相の最大の功績でしょう(^^♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/1077-2c922881

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん