熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ミミ日記2015-12

「真夏のような5月」も過ぎ去って6月に突入。暑くてもカラッとしてるのでこんな夏なら苦じゃないですね~。
家の窓を開けて置くと心地よい風が吹き抜けます。
動いている時は心地よい風も転寝している時は寒く感じてしまうのは年のせいなのでしょうか。

良く「お年寄りは暑さを感じにくいので熱中症になりやすい」って言われていますが、
温度に鈍感になるだけじゃなくて、実際に寒く感じてしまう…特に膝など古傷がある場所が一段と冷える気がします。
私もクーラーの芯から冷える風が苦手で、夏でもほとんど使いません。

毛皮を着ていても寒がりなミミは肌がけ布団の中にもぐってご就寝中。暑くなると↓のように「頭隠して足隠さず」の図に。
15b164.jpg
ミミ の視線の先にはミミのトイレ、昨年の今頃はラブのおしっこ問題で右往左往していたんだな~と思い出します。
奥のトイレはその時にラブ用にと作ったトイレの一つ…でも、ラブは使う事が無いまま天国へ旅立ちました。
縦90cm横45cm高さ90cmのゆったり空間のトイレを今はミミがしっかり使っています。
手前には元々使っていたフード付きのトイレがありますが、今は使われる事がありません、予備に置いているだけ(^_^;)
15b162.jpg
ラブのような立ちションで壁が汚れる心配もないので、中に低いダンボール箱を入れて、
ペットシーツを敷いた上に新聞紙を敷き、猫砂を入れています。
ラブはウン○を几帳面に埋めていましたけれど、ミミは埋めるどころか砂も掛けません(~_~;)
ミミは砂をカキカキする代わりに新聞紙をカキカキするので新聞紙がぐしゃぐしゃ・・・、新聞紙の交換は毎日です。

しっこ玉やウン○は↓のようにダンボール箱を引き出して取り除いています。
入り口が狭いので交換はちょっと面倒・・・手前の二つ繋げているカラーボックスの一つを撤去すれば楽なのですが、
階段上もミミのくつろぎの場になっているので狭くするのは可哀想な気がして・・・。
15b165.jpg
な~に、見てんのよ<`ヘ´>   ・・・的な顔です(^_^;)
15b163.jpg
スポンサーサイト

コメント

ミミちゃん、夏の毛になってきましたね♪

ミミちゃんは実家の保護した猫に
とても似ています。
『なによ~』って感じの表情も。

実はラブちゃんが元気な頃から
読ませてもらってました⭐

あずきさん こんにちは(^^♪

故ラブは季節になると抜け毛が半端なくありましたので、夏毛と冬毛の違いが良く分かりました(^0_0^)
…が、ミミは中々ブラシを掛けさせてくれないので、毛の観察までは…(~_~;)
毛が短いくて細いから気づきにくいですが、抜け替わっているのでしょうね。
ミミにブラシを掛けられない分、布団やカーペットにコロコロを掛けまくっています(^^ゞ

>『なによ~』って感じ
そうなんです、いつもこんな感じの顔なので、気まぐれに見せる(新しい物に興味を示した時など)まん丸お目目の顔がすばらしく可愛い顔に見えちゃいます(^^♪
きっと「故あずきちゃん」も同じだったのでしょうね。

※訂正…コメントを読み返すと実家で保護された猫であって、あずきちゃんでは無かったようですね。
早とちりしてごめんなさい<m(__)m>

こんにちは。
ブログ拝見しました。いきなりで申し訳ありません。バービー人形に着せる白無垢を作っていただく事はできますか?

くっちゃんさん 初めまして(^^♪

白無垢を気に入ってくださってありがとうございます。
家に有るハギレを利用して作る過程を楽しんで作っているので、縫い目がガタガタで試作品のような物ばかりなんです。
とても人様にお譲りできるような作品を作る事は無理なので、大変申し訳ございませんが、ご理解くださいませ<m(__)m>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/1061-838a9a16

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん