熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

リボンを使って・・・

ひとくちに袴と言っても沢山の種類があるようです。大きく分けると・・・
袴のなかに中仕切りがあるズボン状の袴が馬乗袴(男袴)、
中仕切りがないスカート状の袴は行灯(あんどん)袴(女袴)とに分かれるようです。

男袴の中では・・・
軽衫(かるさん)…裾が足首につくようにすぼまっており、活動的で動きやすい。
裁付(たっつけ)山袴とも言う…軽衫から発達して作業着として用いられた袴。女性のモンペも山袴の一種のようです。
武道袴・・・武道用に各部位に工夫がなされたもの。
などなど、用途に応じて各地で色々な工夫がされていったようです。

剣道袴のような裾広がりの袴で山を歩いたら、すぐにヒルの餌食(ToT)になってしまうでしょうしネ。
剣道袴は「相手に足の動きを悟られないように」と、裾広がりの袴になったとの説もあります。

4センチ巾のリボンでちょっと実験をしてみました。
15b057.jpg
4センチ巾のリボン22cmを4本と4cm(マチ)で一番単純なモンペもどきを作ってみました。
リボンを使う場合、端を水溶きボンドなどでほつれ止めをしないと・・・大変でした(>_<)
2本づつ縫って股下部分に真四角のマチを入れたら足首までを縫い、胴と足首の縫い代を始末します。
15b058.jpg
作りながらこれが袴の原型かも?・・・と思ったしだいです。
15b059.jpg
日本の反物は幅34cm位…狭い巾の布から衣服を作ります。
体型や動きに合わせて、1枚の布巾じゃ足らないからもう1枚を足して…と。
着物類は解いて、洗い張りをして仕立て直すのが普通でしたから、布を切らずに縫い代で調整…。
縫い目に強い力が掛からないようにとマチを入れたり、縫い目をひだの間に隠した?
・・・そんな風に考えると左右非対称なひだの意味も分かるような気が・・・
和裁はまったくの素人ですが、日本の技術力の奥深さを袴を通して垣間見たような気がします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/1034-d74eb778

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん