熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

バービー服 剣道袴

め~ん!! 稽古着・袴姿で練習です。
竹刀は竹串4本をまとめ、尖った方にS字フックのキャップをはめ、つばは厚紙、柄にはテープを巻きました。
15b025.jpg

1/6ドール用剣道袴の型紙を公開するにあたって

前の五本ひだは、「五倫五常の道を諭したもの」、後の一本ひだは「男子として二心のない誠の道を示したもの」
折り目一つにも意味が込められている…凛とした日本文化の袴。
左右でひだの数やたたみ方が違う複雑な構造のせいなのか、なかなか作り方の情報がありません。
この剣道袴の型紙は、日本ヴォーグ社「わたしのドールブック ジェニー№13十二単と花嫁衣裳」の花婿用型紙に
多少の変更点を加えております。残念ながらこの本は絶版になっており、本の入手が困難だと聞いております。
人様の作った型紙に少し手を加えた型紙の公開はいかがなものかとの思いもありますが、
袴の複雑な構造を知るためには型紙が不可欠なんです。
袴の情報そのものが姿を消してしまいそうな現代、袴を後世に伝える為にも型紙を公開することにしました。
剣道袴の構造を知る手がかりになれば幸いです。

人形服の型紙の公開は5本ひだ・3本ひだ(この記事にはありません)・1本ひだの袴のみにいたします。
型紙を一から起こす技術を私は持ち合わせておりませんので、他の人形服の型紙はこれまで通りに
「こんな型紙を使いました」程度に留めますのでよろしくお願いいたします。
また、私は和裁・洋裁の専門家でありませんので間違った情報も含まれているかと存じます。
お気づきの点がございましたらコメントをいただけるとうれしいです。

ご注意
A4版をスキャナーで取り込んだだけですので、そのままプリントしても原寸大にはならないようです。
「画像を保存」して背景の方眼紙で大きさをご確認の上、拡大コピーなどで対応してください。
印刷する際は「写真をフレームに合わせる」のチェックを外して下さい。
型紙の赤鉛筆は縫う実線、ひだの赤線は山折、青線は谷折です。
自分を中心に置いて前左、前右、後ろ右、後ろ左…いずれも表側から見た線を表しています。
型紙の前袴は左右同じ大きさで、ひだの畳み方が違います。後袴も同様です。
型紙の画像をクリックすると大きな画像になります。
15b016-2.jpg  15b017-2.jpg  15b018.jpg  15b019.jpg
型紙の置き方と方向
15b024.jpg
前袴をたたんだところの重なり方
15b022.jpg
後袴をたたんだところの重なり方
15b023.jpg
いかがでしょう、ひだの構造がご理解できましたでしょうか?これをズボン状に仕立てます。
剣道袴・稽古着の作り方は 2013/9/25の記事 ~ 2013/10/03の記事 を参考にしてくださいネ。
15b030-1.jpg
剣道袴の他に様々な袴が有り、股割り袴という股の部分の襞に隠された開口部がある袴もあるとの事。
戦国時代の甲冑を着た武士達は、甲冑を脱ぐことなく地面に穴を掘り正座(女座り)の形でトイレを済ませたそうです。

女性が卒業式に着用する前ひだ5本・後ひだ3本のスカート状の行灯(あんどん)袴の型紙と作り方は、
ただ今準備を進めておりますので、今しばらくお待ちくださいませ。
スポンサーサイト

コメント

KUPOさん、こんにちわ。

本物の袴を手に取って観察できればいいんでしょうけどなかなかそういう機会は無いんで、襞のたたみ方は試行錯誤ですよね。初めて袴を作った時は何時間も頭をひねり本当に知恵の輪、パズルの様だと思いました。

最近は五本襞のより簡略な武者袴と言われる4本襞?ばかりでお茶を濁してます。生地も少なくて済みますし時代劇もこの武者袴が多い様に思います。

今回詳しい解説でKUPOさんの作り方と自分の作り方が多少違う事が分かりました(汗)

こちらに私の作り方と同じ感じで分かり易いページがあったので一応載せておきます。
http://plaza.rakuten.co.jp/otacomi/6008/

後ろの襞の畳み方が少し違いますが、まあ人形用なので見た目がそれなりなら自分はOK、十分満足という事で(爆)

紋次郎の姉さん こんにちは。

確かに知恵の輪、パズルですよね。線が一杯でこの線を折るの?折らないの?って。
剣道袴は家にあるので「ひだ3本はどっち側?」って何度もを確認しました(^_^;)
以前、ひだが取れかかった剣道袴(人間用)にアイロンを掛けたものの、当時は股下の部分が畳めませんでした。
ミニチュアの袴を作ってからは畳めるようになりました(^^♪
袴といっても、剣道袴と合気道袴とでは微妙に違うようですし、他にもいろんな流れの作りがあり、難しいですね。
何でこんな面倒な作り方?、きっと反物の幅(約36センチ)が関係しているのかな~と憶測しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

分かりやすく、とても参考になりました

はじめまして。

息子の袴作成で行き詰まっていた時に、こちらのサイトにたどり着き、作成方法が理解できました。

ありがとうございます!!

他にも作ってみたいと思っていたものがあり、参考にさせていただきます!

雪華さん こんにちは(^^♪

お役に立ててうれしいです。
確かに袴の仕立て方の情報は無いですものね。
この袴を作る時にも「右3本じゃないの?…」なんて言いながら夫の剣道袴と見比べながら作りました。
人形用の袴を仕立てた後にようやく夫の剣道袴のたたみ方が理解出来たような私です(^_^;)
それまではたたみ方はもちろんのこと、ひだをつぶしてはいけないとアイロン掛けも出来ませんでした。
今でも夫の剣道袴は夫自らがひだを畳んだ状態でネットに入れて洗濯をしております(^0_0^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://carpenter50.blog69.fc2.com/tb.php/1030-57db5bc1

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん